離婚した時に妊娠していて出産する事があります。昨今、離婚300日以内の出産は重要な問題として取り扱われています。その内容とは、離婚後300日以内に出産した場合、子供の戸籍に厄介な問題が生じるというものです。それは一体どういう事なのでしょうか。

前夫の戸籍に入りたくない場合

法律上、離婚後300日以内に出産した子供は前夫の子供とみなされるのです。そして、前夫の子供として籍を入れるしかなくなります。しかし、家庭内暴力などで離婚したため関わりたくない母親が殆どで、前夫の戸籍に入れたくないため出生届を提出しない事もあるのです。出生届けを出さずして戸籍の獲得は出来ません。その結果、離婚300日以内に出産した子供は無戸籍になってしまうという訳です。

不倫相手の子供だった場合

離婚理由が妻側の不倫であり、その相手の子供だった場合においても、離婚300日以内に出産した子供は、DNA関係は抜きにして前夫の子供として戸籍に入らなければなりません。

これを破るには、前夫がDNA鑑定結果を携え、離婚300日以内に出産したとしても、自分の血のつながった子供では無いという訴えをおこして裁判するしかないのです。当然前夫にしたら、妻の起こした不貞により、離婚後に何回も裁判所に呼ばれ出産した不倫相手の子供の戸籍を巡って振り回され非常に嫌な気分でしょう。

別の男性と再婚する場合

DV、その他色んな理由で離婚し、その後再婚する場合もあるでしょう。しかし、子供が離婚後300日以内に出産した子供であった場合は、当然前夫の戸籍に入っている訳です。

新しい父親となる再婚相手の戸籍に入れたい場合は、前夫の協力が必要となります。離婚理由によっては、連絡をとりたくないかもしれませんが、それだと戸籍上の父親は前夫のままです。かなり複雑な家族関係となってしまいます。

離婚後300日以内に出産する場合は、その決断が生まれてくる子供の人生にどれほど影響を与えるか良く考えなければなりません。無責任には決められない問題です。子供には何の罪も無いのですから。