上の子を幼稚園へ送っていったり、ふらっと本屋や雑貨屋をのぞいたり、夕飯の買い物に行ったり…。
つわりで思うように動けない方もいらっしゃると思いますが、妊娠が分かった後、これまでの生活が360度変わるようなことはありませんよね。

近くに実家があって甘えることができたり、一定期間だけでも家政婦さんにお願いできたりが可能な環境だと違ってくるかもしれませんが、みんながみんなそうできるわけではありません。
そんなマタニティさん達の移動手段というと…徒歩や車など人それぞれ。
最近電動自転車の普及も進み、特に自転車で移動する方も増えているようです。

「妊娠したら自転車の運転はNG」と聞いたことがある方も多いと思いますが、本当に妊婦は自転車に乗ったらいけないのでしょうか。

妊娠したら本当に自転車はだめ?

産婦人科の先生の意見の多くは「妊娠している時の自転車はNG」です。
それは、タイヤからの振動がサドルに伝わり、その振動がお腹の赤ちゃんにダイレクトに伝わるからです。
車ほどのクッション性がないので、特に凸凹道を走る時はかなりの振動を覚悟しなければいけません。

つわりがさほど辛くない妊娠初期の妊婦さんは、今までと変わらず自転車に乗ってしまいがちですが、自転車を漕ぐ時は思っているよりも腹圧もかかっています。
妊娠している時に自転車に乗るということは、赤ちゃんにも少なからず負担をかけていることを認識する必要がありそうですね。

また、胎児の成長に伴ってだんだんお腹が大きくなってくると、自転車に乗る際の安定感がなくなってきます。
バランスを崩し、転倒した後に後悔しても遅いのです。
取り返しのつかないことにならないように、妊娠中は自転車での移動をなるべく避けましょう。

どうしても自転車に乗る時の注意点

前かがみの体勢が苦しくなる妊娠後期、赤ちゃんがいよいよ産まれてくる準備をしています。
そんな時、大きなお腹で自転車に乗ることがどんなに危険かは言うまでもありません。

妊娠している時、どうしても自転車に乗らなければいけない時は、比較的安定している中期のみにし、スピードや道の状態、天候など、あらゆる面で細心の注意を払いましょう。

家庭ごとにいろいろな事情があるかもしれませんが、妊娠している時は自転車の運転を極力避ける方がよさそうです。
もちろん、人気の電動自転車も同様です。
「ちょっとそこまで…」の気持ちを封印して、安全で安心なマタニティライフを心掛けましょう。