毎日胎動を感じるたびに「今日も元気!」と安心できますよね。
でも、この前までの感じ方と全く別物で、日に日に激しくなっている方もいらっしゃると思います。
そんな方々の中には、「お腹の中で赤ちゃんが苦しがっていたらどうしよう」と不安になっている方も…。

では、胎動が激しい理由とは何なのでしょう?
また、急激に胎動が激しくなった場合は気に留める必要があるのでしょうか。

胎動が激しい理由…その1

一般的に胎動が激しくなる理由は、妊娠7カ月に入った頃だ言われています。
この頃になると、赤ちゃんの骨格はさらに成長し、もちろん体重も増えてきます。

ですから、お腹の中で赤ちゃんが寝返ったり、手や足を大きく伸ばしたり、身体をぐるぐると回転させたりすると、その一つひとつの動きがダイナミックになるので、今までと比べて胎動が激しいと感じるのです。

胎動が激しい理由…その2

妊娠初期の赤ちゃんは一日のほとんどを眠ってすごします。
そして、出産日に近づくにつれ、だんだんと起きている時間が長くなると言われています。

ですから、胎動を感じることも多くなり、その時間が長くなるのも理由に挙げられます。
そして、起きている時間は動きもさらに活発になってくるので、一日に何回も激しい胎動を感じることが増えるのです。

胎動が激しいのは納得。でも…大丈夫?

「胎動が激しい理由は分かったけど、それは心配ないの?」という方もどうぞ安心してください。
胎動が激しいのは赤ちゃんが元気な証拠なのです。

とは言っても、睡眠不足になったり、痛みを感じたりする人もいて、激しい胎動に頭を悩ませる方もいらっしゃいます。
なるべく、赤ちゃんがお腹の中で寝ている静かな時に仮眠を取るなどして、身体を休めるように心掛けましょう。

以上、胎動が激しくなる理由を挙げてみましたが、不安は解消されましたか?
お腹の中で着々と生まれてくる準備をしているので、今のような激しい胎動を感じられるのも、そう長い時間ではありません。
ですから、今しかできないママと赤ちゃんのコミュニケーションだと思って、残りのマタニティライフを満喫してくださいね。