お医者さんに「おめでたですよ!」と言われた瞬間。
エコーでちっちゃなちっちゃな心拍を確認した瞬間。
役所で母子手帳を手渡された瞬間。

特に初産の妊婦さんの場合は、全てのプロセスが初めてということもあり、その1シーン1シーンがかけがえのない想い出になると思います。
そんな中でも、多くの妊婦さんが「私のお腹に赤ちゃんがいるんだと一番実感できた」と語るのは『胎動』です。

そろそろ胎動を感じてもいい頃という初産の妊婦さんの中には、「その瞬間を毎日楽しみにしているのに、まだ一度も感じたことがなくて…」と不安がっている方もいらっしゃるでしょう。
そもそも、初産の胎動はいつから感じるものなのでしょうか。
また、みんなより感じるのが遅くても大丈夫なのでしょうか。

初産の胎動っていつから感じられるの?

胎動が分かるのは、一般的に妊娠5カ月~6カ月だと言われています。
早い人で「妊娠4カ月くらいから胎動が分かった」という方もいますが、この時期にはっきりと胎動を感じられるのは圧倒的に経産婦さんが多く、初産の妊婦さんはなかなか分からないようです。

胎動は、「にゅ~っと動くような初めての感覚」「腸がぐるぐると動く」「ポコポコという感触」など十人十色。
後になって「あっ、あの時のも胎動だったんだ!」と気づく方も多いくらいです。

まだ胎動を感じられないけど大丈夫?

まだ胎動が感じられず、不安になっている初産の妊婦さんもいらっしゃると思いますが、定期的に病院で胎児の成長を診てもらっているわけですから、そんなに心配しなくても大丈夫です。
それに、先ほども触れましたが、初産の場合、胎動に気づきにくいこともあります。

また、痩せ気味の方よりぽっちゃりさんの方が、ゆっくり過ごしている人よりも立ち仕事をしている人の方が胎動を感じにくいなど、妊婦さんの体型やライフスタイルよっても胎動の感じやすさに差があると言われています。
ですから、初産の妊婦さんは、あまり焦らず、ゆっくりとその時を待つのが賢明です。

一口に胎動と言っても、両手や両足を素早く動かす子もいれば、ゆったり穏やかに動かす子もいるわけで、それによってママの感じ方は全く違ってきます。
それに、眼球や口など顔のパーツを動かすのも立派な胎動。
ママは気づかないけれど、お腹の中でしっかり動いていることも多いのです。

ですから、「まだ胎動が分からない」という方初産の妊婦さんもご安心くださいね。