周りの人が突然亡くなって、急遽、葬式に参加しなければならない事ありますよね。
その時に自分が妊婦である場合も当然ある訳です。
しかし、昔から妊婦は葬式に参加してはいけない、という話を良く聞きます。
これは一体どういう理由からであり、そもそも本当なのでしょうか。

昔からの風習

昔の人は、葬式などの忌みごとに対してけがれたものであるという意識があり、妊婦が葬式に参加するのを禁じていたそうです。
死者の魂が赤ちゃんをあの世に連れて行ってしまう、といった考えもあったそうです。
未だに、昔からの言い伝えや風習によって、妊婦は葬式に参加してはいけない、と思い込んでいるところはあると思います。
もちろん、ただの迷信である事には違いないのですが、地域によっては色濃く迷信が残るところもありますので、参加する地域ではどうなのかは調べておいた方が良いでしょう。

体調への配慮

葬式というのは、やはり気を使う場で有りますし、普段しなれない格好で参加する事になります。
長時間座る場面もあり、冷えたりする心配もあるでしょう。
親しい方の葬式であれば、悲しみからショックで感情的になる事もあり、心身ともに疲れてしまいます。
妊婦の場合、そういった理由からお腹が張って具合いが悪くなり、周りの人に逆に気を使わせてしまったりする事もあります。
自分の体調によって、参加するかどうか決めると良いでしょう。

服装への配慮

妊婦の場合、大きなお腹が目立つような服装での葬式参加は配慮に欠けると言えます。
また、締め付けるような服装は、お腹の赤ちゃんにも良くありません。
お腹が目立たないようなゆったりとした黒のドレスにするなど、服装を選んで参列しましょう。

妊婦だからといって、葬式に参加する事はマナー違反ではありません。
しかし、妊婦の葬式参加にはいろんな配慮が必要な事も事実です。
参加したくない、もしくはしない方が良さそうな場合は、葬式は欠席して、出産後に弔問する事も出来ます。
素直に遺族側の人に相談してみるのが良いかもしれません。