人の痛みとは分からないと言いますが、つわりの辛さもまた分かってもらいにくいものです。
特に、一番分かってもらいたい旦那が分かっていない場合、非常にイライラします。
何とか、旦那へのイライラを緩和する方法は無いものでしょうか。
ただでさえ辛いつわりに加えて、旦那へのイライラでストレスをためたくは無いですよね。

みんな同じでは無いと分かってもらう

つわりとは人それぞれです。
その程度も種類も千差万別であり、全く同じな訳ではありません。
症状の酷さも環境や時間帯によって違うので、旦那からしたら大した事は無いのでは、と思いがちです。
二人の子供なのに、なんで私だけ辛いのかとイライラしてしまいますよね。
つわりの種類や体験談を一緒に調べてみて、これだけ人によって差があったりするという事を分かってもらいましょう。

実家に帰る

つわりの辛さを分からない旦那にイライラするばかりでは、お腹の赤ちゃんにも良くありません。
帰れる実家があるならば、つわりの症状が落ち着くまでという条件付きで、実家に帰るのも一つの手段です。
旦那と少し距離を置く事で、イライラしていたのが収まって少しつわりが軽くなるかもしれません。
妊娠初期は大事な時期だから、と言えば旦那も分かってくれるでしょう。

性差を知って諭してみる

本来、男性とは女性に比べると共感能力に欠けています。
経験値から物を言うので、女性からしたら冷たいと思ったりイライラする事も多いでしょう。
しかし、ここで諦めたら今後育児においては何度となくその試練がやってきて、その度にイライラする事になります。
共感できなくても、いたわったり優しい声をかける事は出来るはず。

つわりをきっかけに、これだけしんどいと言っているのだから、少しは優しくして欲しいと具体的に旦那を諭してみましょう。
女はこういう言葉を言って欲しいんだ!とはっきり言うのも良いと思います。

出産よりつわりの方が辛かった、と言う人もいるぐらいです。
それだけの試練にたえているあなたは立派です。
自分で自分を褒めて励ましながら、旦那へのイライラは出来るだけ横に置いて、お腹の赤ちゃんの為に乗り切りましょう。