里帰り出産をすると、赤ちゃんと自分が大体一ヶ月くらいを目安に実家にお世話になります。その際は人数が増えるわけですから光熱費やら食費やらがもちろん掛かります。実家に里帰り出産するのだから、そこまで気を使わなくてもと思うかもしれません。

しかし、すくなくとも結婚して家を出ているなら独立した別世帯です。ですので、感謝の意味を込めて里帰り出産のお世話になるお礼を渡すのがマナーでもあります。でも、自分の親ですからだいたいどれくらいお礼を渡せばいいのかわからないですよね。実家に里帰りした際のお礼はだいたいどれくらいが相場なのでしょうか?

相場は一ヶ月2万円。しかし、上の子の分もお忘れなく

あまり高額すぎても相手の負担になりますし、少なすぎても示しがつきません。目安として大体一月に2万円くらいが里帰り出産する際の実家へのお礼の目安のようです。

しかし、これに上の子を連れていったらその分をお礼に上乗せするべきでしょう。こちらは子供1人に対して5千円くらいがお礼の相場です。

しかし、千円単位ですと相手が不快感を示す場合がありますので、切のよい万単位が常識的です。大体5万円、10万円のような形にするのがお礼の形です。

現金にこだわることはありません

里帰り出産先の実家に兄弟の世帯が同居している場合は現金のほうがいいと思います。しかし、両親だけだったりすると現金だとお礼を受け取ってもらえない場合もあると思います。

でしたらそこは物に変えて渡してみたら受け取ってもらえるかもしれません。例としては商品券や、自分が里帰り出産を終え、家に戻ったらゆっくり旅行でもしてねという意味で旅行券などを渡すのもスマートです。

里帰り出産をして、かわいい孫の最初の一ヶ月を共に過ごせるのは祖父母にとっても楽しいものでしょう。しかし、同時に産婦さんと新生児のお世話はとても大変でもあることを忘れないでおきましょう。

そんな大変な思いをして迎えてくれる両親の為にも里帰り出産をする際の実家へのお礼は大切なマナーです。また、お礼をすることは自分のパートナーの面目でもありますので、御礼の形を相談をすることも大切なことです。