妊娠してからとにかく眠い…。なにをしてても頭がボーっとしていくらでも眠れてしまうということ経験ありませんか?そして今現在そんな妊婦さんもいるでしょう。これは俗にいう眠りつわりというものです。

眠れる環境にあればいいのですが働くママはそんなそういうわけにはいきません。なんでこんなに眠いのかその原因はなんなのでしょう?そしてまたこの眠りつわりの対処法はあるのでしょうか?

眠りつわりの主な原因はホルモンバランス

妊娠するとホルモンバランスの分泌が変わります。新たな命を育てるために体はフル稼働で、どんどん変化します。それにともない「黄体ホルモン」分泌が活発になります。

黄体ホルモン(プロゲストロン)は大脳からの指令によって分泌されるわけですが、適正であるように大脳でその量を監視されているのです。それが妊娠することによって活発になり、眠気を催す眠りつわりの原因とされています。

すべての妊婦さんに眠りつわりは起こるわけではない

しかし、妊娠すればどの妊婦さんでもこの黄体ホルモンの分泌は活性化されます。眠りつわりが起こらない妊婦さんもいるわけですから黄体ホルモンが全ての原因とは言い切れません。つわりが人によって違うように、その人によって黄体ホルモンの体への影響が違うのです。

眠りつわりの原因は体からの指令?

妊娠中の体の変化というのは想像以上に体力を消耗します。新しい命を体で育てているのですから、母体にかかる負担はとても大きいものです。

特に眠りつわりの起きやすい妊娠初期は急激に体が変化します。眠気の原因は体からの「休みなさい」という指令でもあります。体の声に耳を傾けるというのも眠りつわりへの対策の一つです。

とにかく自分ではどうにもならない眠気と戦う事になる眠りつわり。周囲からは理解が得られにくく、自分でも思うようにいかない体に焦りも出てくるでしょう。

しかし、眠りつわりの原因である一番の理由は「お腹にいる赤ちゃん」です。赤ちゃんが元気に育つために母体はフル稼働しているのですからどうしても疲労が出やすくなります。眠りつわりの原因は赤ちゃんが「休みなさい」といっているのかもしれませんよ。