妊娠してママになる喜びをかみ締めて、幸せな日々を送っていたのになんだか旦那の様子がおかしい。もしかして…浮気?!ママはつわりや自由にならない体で苦労しているのに怒り心頭ですよね。腹が立つやら情けないやら惨めやらで頭に思い浮かぶことばは「離婚」。

はたして妊娠中の夫の浮気は離婚するべきなのかどうなのか、また、そもそもなぜ浮気するのか検証してみたいとおもいます。

とりあえず一回冷静になりましょう

妊娠中はホルモンバランスの関係で感情の起伏も激しくなります。冷静な判断もできなくなりますし、お腹の赤ちゃんにもあまり良くありません。ですので取り合えず感情のまま突っ走るって離婚するのは危険です。何よりまずお腹の赤ちゃんの事を考えるべきです。

浮気で離婚する事が、これから産まれて来る赤ちゃんにとって不幸なのか幸せなのかを考えるべきです。具体的には金銭的なことや精神的なことです。一人で不自由なく育てていけるというのなら離婚するのもありでしょう。しかし、不安が大きいなら浮気してしまった旦那さんと離婚せず再構築も考えるべきです。

そもそもなぜ妊娠中に男は浮気するんでしょうか

女性は妊娠すると体の変化も激しく、胎動を感じたり妊娠期間中全てをかけて「母親」になっていきます。しかし男性はそうはいかない人が大半です。産まれてみて初めて我が子を見、そこでいきなり「父親」になるのです。

ですので妊娠期間中は妻に相手にされなかったりと寂しい気分になったり、父親になる事への不安から浮気に走ってしまう人がいるようです。

もちろん寂しかったから浮気したなどと理由があったからと言っても浮気していいわけではありません。相手への裏切りであることは間違いなく事実ですし、相手を傷つけることになりますので離婚も視野にはいります。それでもまだお互いに愛情があったり、これから産まれて来る赤ちゃんを二人で育てたいと思うなら離婚だけでない道を探ってみるべきです。

妊娠中はどうしても旦那さんの事がおろそかになりがちです。妊娠中の体を抱えたママが一番大変なのは事実ですが少しだけ旦那さんの事を考えてあげることで幸せな未来へ繋がる事でしょう。