赤ちゃんが産まれてだいたい一ヶ月くらい経った頃、お祝いを頂いているなら出産内祝いをそろそろ考え始めなければなりません。しかし、せっかくなら喜ばれる出産内祝いを贈りたいもの。いったいどんなものが出産内祝いとして喜ばれるものなのでしょうか。

基本的には「消えもの」が無難

出産内祝いの場合は「消えもの」と呼ばれるものが一般的です。つまり、食べ物だったり、洗剤だったりと使ったら無くなってしまうもの。好みに合わなくても無くなるのですから贈る方も贈られる方も気兼ねがありません。

出産内祝いとしてはタオルなども一般的ですね。これは家に数があっても問題ないからです。タオルを贈る場合、予算が合えばすこし高級なタオルを贈るのがいいかもしれません。自宅で使う場合こだわりが無い場合、高級なタオルはあまり買わないものですから喜ばれるかもしれません。また、相手が女性の場合は布巾やおしゃれな食器拭きなども喜ばれるでしょう。こちらも数があってもこまりません。

出産内祝いを贈るのが例えば独身の男性の場合は食べ物などのほうが無難でしょう。お菓子でもいいですが、辛党の場合は日持ちのするおつまみ系が男性には喜ばれる可能性が高いでしょう。

夫婦が別の郷土の出身の場合は地元の特産品もあり

例えば夫婦で出身地が違う場合、お互いの親戚にお互いの地元の特産品を出産内祝いに贈るのもありではないでしょうか。

いわゆる「消えもの」ですし、地元にいなくても今はネットで注文できます。それがお菓子でなくてもかまわないと思います。出産内祝いを贈る相手が家族持ちの場合は地元の名産の野菜なども意外に喜ばれるかもしれません。

出産内祝いは熨斗をつけるのが常識的ですが、野菜などでつけられない場合、別で出産報告を兼ねてそのものを贈ったという事を手紙を送っておく事もできます。

出産内祝いを贈る場合、堅苦しい相手でなければその人に喜ばれるものを贈るというのもありだと思います。数が多かったり、産後でいっぺんに済ませたい場合は出産内祝いは無難なものを贈るというのも余計な労力を使わないという点で大切なことです。しかし、せっかくのお祝いの気持ちですからこちらも相手に喜ばれるものを、出産内祝いを選んでもいいのではないでしょうか。