名付けは我が子への最初の大切な贈り物です。名前は一生付き合うものですから、漢字の意味や画数にこだわったりと名付けは両親にとって、とても大切な事です。

ところが赤ちゃんの両親で決めようとしているその名前に口を挟んでくる人もいます。それは義両親。孫の誕生に大喜びしてくれるのはいいのですが、その名付けにまで口を出したくなる義両親もいるようです。

勝手に名付けようとする義両親、対処法は?

例えば先祖代々同じ漢字を使用しているとかでしたら、名付けに義両親が口を挟みたくなるのは多少わからなくもありません。

しかし、それも強制ではありませんし、よっぽど名だたる名家でなければ拒否する権利はもちろんあります。義両親が名付けることに納得できるならいいのですがそうでないなら、断るべきです。

しかし、義両親も孫の名付けに関わりたいという思いもあるのでしょう。でしたら、義両親の意見だけ聞いておくのも角を立てない為にも必要かもしれません。その上で自分達の考えた名前を名付ければいいのです。

出生届の書類は死守しましょう

実際に自分達で名付けて出生届を出してしまえばこっちのものです。しかし、あまり無いとはおもいますが、義両親の中には勝手に出生届を出してしまおうとする人もいるかもしれません。

ですから出生届に必要な書類は必ず自分で受け取り、保管するようにしましょう。産院側にもかならず自分に渡すように徹底して言っておくことが大切です。パパがもし頼りにならなそうなら、なんとしてもママ自身か信頼できる自分の両親などが書類を提出できるようにしておきましょう。

義両親が我が子の名前は自分でつけた場合は、自分達がした事をなぜ子世代にやらせてくれないのかと言ってみるのもいいでしょう。また、義両親自体が自分達で名付けられなかったから今度こそ、という意見なら自分がされて嫌だった事を子世代に強制するのかと疑問を投げてください。

名付けに口を出すという事は、義両親もけっして悪気があるわけではありません。孫の誕生がうれしくてしかたがなく、色々と関わりたいのも多少は考慮してあげましょう。

意見を取り入れるかどうかは別として、赤ちゃんを可愛がってくれる大切な祖父母です。もしかしたら他の意見を聞くことで、目新しい名付けのヒントにもあるかもしれませんよ。