皆さんは日頃から歯医者にいく習慣がありますか?
本当は定期的に受診をする事が虫歯予防にも望ましいそうですが、仕事や育児で忙しいと自分のことは後回しになってしまう事が多いですよね。

私自身も子供の虫歯治療や虫歯予防のために歯医者に行くことが多いものの、自分の治療は久しくやっていません。
一番最後に歯医者で治療を受けたのは、二回目の妊娠中でした。

最近では、妊娠中に虫歯予防や虫歯治療をすることは、妊婦さんの間でも結構当たり前だったりしているようですね。
妊娠や育児の情報誌の影響が大きいのかな?とも思います。

妊娠中は、ぜひ歯医者さんに行きましょう

私が妊娠中に歯医者に行こうと決意したのは、1度目の育児休暇中に失敗を経験したからです。
どんな失敗だったのかというと、育児休暇最終日に虫歯が痛くなってしまったんですね。

本当は妊娠中に行けば良かったんですが、初めての妊娠で、つわりは酷いし、仕事は忙しいしで、歯医者に行くという余裕がなかったんです。
もとから歯医者はあまり得意なほうではなく、妊娠中の大きいお腹で、そもそも診察台に乗れるわけない…なんて思っていた所もあります。
(実際、二回目の妊娠中に治療した時は、椅子に座る姿勢や治療方法なども丁寧に考慮して頂き、全く心配する必要がなかったのね…とも思いました)

明日からは、仕事復帰が決まっており慌ただしい日々が迫っている中での歯痛。
とりあえず近所の歯医者に片っ端から電話して即日治療してくれる所を探して何とかなりましたが、そのような理由で翌日は疲労困憊状態でした。

上記のような失敗経験があったことにプラスして、二回目の妊娠は双子だったので、ますます歯医者には行っていられないだろうなと予想はついていました。
そこで、産休が長い事を利用して(双子出産は通常の産休よりも取得日数が多いので)妊娠中に短期間で集中して虫歯の治療をすることにしたんです。

親の虫歯が子供にうつる?!虫歯予防の大切さ

子供が保育園や小学校に通うようになると定期的に歯科検診がありますが、我が家の子供たちは毎回虫歯にチェックがついてきます。
そこで思うのが小さいころから虫歯予防をする大切さですね。
子供が3人ともなると歯医者の治療費もバカになりませんから、小さい頃から虫歯予防きちんとしていればよかったと現在では反省しております。

実は虫歯予防は歯が生えていない赤ちゃんにも行う必要があるってご存知でしたか?
妊娠中に母親の虫歯治療をすると共に、赤ちゃんが生まれてから虫歯予防をする事で、子供が虫歯になるリスクをグッと下げられるそうですよ。

虫歯の原因は虫歯菌なのですが、生まれたての赤ちゃんの口の中にはありません。
親が使ったスプーンやコップを子供が使う、食べたものを分け与えるなど、日常生活で自然にやってしまう行動が赤ちゃんに虫歯菌をうつしてしまうのです。
これは是非気を付けたいですよね。

もう1つ大切なのはハミガキと仕上げ磨き。
仕事が忙しかったりすると「ハミガキしなさーい!」と声掛けだけして、仕上げ磨きがついおろそかになってしまうものです。
これが実は虫歯を作る原因になっているんですよね。
まだまだ子供ですから自分では奥歯の方などは丁寧に磨けないので、親の手助けが必要です。