胎動を初めて経験したとき、本当にお腹の中に赤ちゃんがいるんだと感動したものです。
それだけ、胎動は妊婦さんにとって感動的なものですよね。
またこれまで、赤ちゃんが出来たという実感がなかったお父さんにとっても胎動は赤ちゃんを感じ取れる大切な機会といえるでしょう。
いつから胎動が来るのか楽しみにしている男性の方も多いのではないかと思います。

胎動はいつから分かるの?

さて、みんなにとって待ち遠しい胎動ですが、一体いつから分かるようになるのでしょうか。
私の場合は妊娠6か月くらいに分かるようになりましたが、早い人だと妊娠4か月くらいから気が付くようですね。

胎動は実際のところ、いつから起こるかというよりは、いつから気が付いたかという感覚に近いような気がしますね。
妊婦さんの体型や赤ちゃんの成長具合によって、胎動を感じやすかったり、感じにくかったりするようです。
そのため、いつから胎動が感じられるかには個人差があります。

赤ちゃんは8週目あたりからお母さんの子宮の中で動くようになりますが、まだ小さいので動きを外側から感じる事はできません。
赤ちゃんが大きくなる18週〜22週頃になると、赤ちゃんの動きがお腹を通じて分かるようになってきます。
そのためお医者さんに「胎動の時期はいつからですか?」と質問すると上記のような週数で答えが返ってくることが多いようですね。

最初は、もしかしたら分かりにくいかもしれません。
お腹の中でポコポコと泡が弾けるような感覚があります。
妊娠中は便秘もしやすいので、はじめはガスでも溜まってるのかな?という感覚でした。

それが暫くすると、今手が動いた!とか足が動いた!とか分かるくらいに動きが活発になってきます。

胎動はおもしろい、けど痛い

妊娠後期に差し掛かってくると、赤ちゃんの動きがダイレクトにお腹に現れるので面白いですよ。
例えばお風呂に入っている時、お腹の一部がぽこっと飛び出たりします。
赤ちゃんが手を伸ばしたり、足で蹴ったりするのが分かるんです。

基本的に母体が動いている時は動きをあまり感じず、逆に椅子に座っていたり、寝る前だったりすると活発に動くようになります。
特にねている時は胎動が激しく、夜中にビックリして目が覚めたり、逆に寝付けなかったりすることもありました。
胎動が激しすぎるときは、身体の向きを変えたり、少し動いたりすると状態が安定して落ち着いてきますので、是非お試しください。

さぁ、胎動についての説明は以上になりますが、これを聞くと更に「いつから始まるかな?」とワクワクされている妊婦さんも多いのではないでしょうか。
妊娠後期は母体の状態も安定し、ママになる実感をゆっくりと味わえる大切な時間です。
ぜひマタニティライフを楽しんでくださいね。