妊婦は気をつけることはたくさん挙げられますが、その中のひとつに薬の服用があります。
しかし、いろいろ気をつけていても、時には体調を崩してしまうことも…。

普通の風邪ならば、熱が少し高めだったり、鼻水が止まらなかったりしても、水分や栄養をしっかり取って安静にしていれば症状が時期に緩和されてきますが、『インフルエンザ』は時に重症化することがあるので要注意です。

もし妊婦がインフルエンザにかかってしまったら、やはり治療薬のタミフルを服用するのはNGなのでしょうか。

タミフルってどんなもの?

タミフルはインフルエンザウイルスを体内で増やさないようにする薬で、症状の悪化を抑える、長期間になりにくくするなどの効果も期待できます。
ただし、インフルエンザの症状が出て48時間以内に飲まないとその効果はぐっと低くなり、インフルエンザA型・B型以外には効果がないので、いかに早く病院でインフルエンザの型の判定をしてもらって処方してもらうかが鍵になってきます。

妊婦がタミフルを飲んでも大丈夫?

その答えは「イエス」ですが、最終的には妊婦さん個人の判断となります。

妊娠中、その中でも特に妊娠初期は薬の服用が赤ちゃんに影響することがあります。
しかし、動物実験の結果などからも胎児とタミフルの因果関係は考えにくく、実際に今まで医療機関からもタミフルの影響で胎児に何らかの異常が発生したという報告がありません。

とはいっても、妊婦がタミフル服用することに関するデータは十分とは言えないので、妊婦にはタミフルを処方しないという方針の病院もあります。
反対に、妊娠している時に自分ではなくなく家族がインフルエンザにかかった場合でも、予防目的で妊婦にタミフルの服用を勧めるお医者さんもいらっしゃいます。

今のところ、一般的には、妊婦がインフルエンザにかかって重症化する方のリスクの方が心配されるようです。
インフルエンザの予防接種を受けておくのはもちろんですが、万が一妊婦の時にインフルエンザにかかってしまった時はタミフルの服用どうするのかを考えておくことをお勧めします。