つわりの症状や程度は個人差が大きいですが、つわり症状はつらくてあまり嬉しいものではありません。
赤ちゃんがいるという証拠だと考えると幸せなのですが、本人にとってはつらいものです。
症状を軽くする方法があればなんとか試してみたいものですよね。

今回は手軽にできる足ツボの刺激でつわり症状を和らげる方法を紹介します。

つわりの症状をやわらげる足のつぼ

まず、ムカムカするつわりには「裏内庭(うらないてい)」というツボが効果的です。
足の人差し指を折り曲げた時に、指先が触れる部分です。
左右どちらでも構いません。

次に「湧泉(ゆうせん)」というツボです。
足の指を全部折り曲げると、土踏まずのやや上にくぼむところがあります。
この部分が湧泉といい、疲労回復やコリ、月経時の不調などにも効果があります。

冷えなどにも効果がありますので、つわりの疲れや緊張をほぐして体がスッキリするツボです。
どちらのツボも、自分が気持ちいいと感じる程度にしましょう。

つぼを刺激するだけでなく足湯も効果的

ツボを刺激すると血行が良くなりコリがほぐれます。
血行をよくするという意味では、つわりには足湯も効果的です。

少々熱めのお湯で5~10分ほど足湯をすると、血行が良くなりコリがほぐれるので足ツボを刺激するのと同じような効果が期待できます。
また、体を温めリラックスできるという意味でもつわりを軽減させる効果があります。

痛いのが苦手な人はお灸を試してみよう

ツボを刺激されるのは痛くて苦手、という人はお灸を使ってみましょう。
最近では妊娠中でも使用できるお灸が販売されています。

お灸は熱そうで怖いと思う人もいるかもしれませんが、最近では熱さの弱いお灸や匂いや煙も弱いものが多くあります。
そういったタイプのものだとつわり中でも使いやすいです。