つわりは、妊娠初期にでてくる様々なつらい症状
妊娠を経験した半数以上の方がつわりを経験していると言われています。
特に吐き気や嘔吐、全身の倦怠感や眠気は生活に支障も出てくることもありかなりつらい症状です。

こういったつわりの症状に、炭酸水がおすすめだということをご存じでしょうか?

つわりに炭酸水、海外では定番?

炭酸水を飲むとつわり症状が和らぐというのは、日本ではまだあまり浸透していないかもしれません。
ですが、海外ではつわりには炭酸水が定番だという国もあるようです。

炭酸水を勧めているというよりも、つわりで食欲がない時に摂取しやすい水分として炭酸水が勧められているようです。
アメリカでは、炭酸水とクラッカーは食欲のない時にでも食べやすいものとしてつわりの時の軽食として定番だそうです。

つわりのときに飲む炭酸水の効果

つわりによる吐き気で食欲がなくなったり、口の中がネバネバして気持ち悪い時には炭酸水がスッキリするそうです。
もちろん個人差はあるでしょうが、胃がスッキリしたりゲップをすることで胃が軽くなるという意見もあるようです。

また、炭酸水を少量ずつ飲むと食欲増進効果があります。
炭酸なのでお腹が膨れそうなイメージを持ちますが、少量ずつ飲むと胃が刺激されて活発に動くようになります。
この結果、食欲がわくというメカニズムなのです。

炭酸水を飲むと胃腸の働きが活発になることから、消化吸収も促進されます。
こういった理由もあり、食欲がないつわりの時に炭酸水がおすすめされているのです。

つわりのときの炭酸水の選び方

妊娠中は、バランスのよい栄養を摂取する必要があります。
ですので、糖分の多い炭酸飲料を飲むのではなく無糖の炭酸水を選びましょう。

ですが、無糖の炭酸水はなかなか慣れない人も少なくないと思います。
もし飲みにくい場合は果汁を搾って加えたり、ミントを浮かべたりすると飲みやすくなるかもしれません。
飲み過ぎない程度に果物ジュースを加えるとかなり飲みやすくなるので、試してみて下さい。