1人目の妊娠出産を終え育児休暇中に2人目妊娠、そして育児休暇延長。
こういった状況は多くはないものの珍しいことではありません。
職場の人は長期間休むことをどう思っているだろうかと考えると少し気が引ける部分もありますよね。

2人目妊娠で育児休暇延長することはわがままなのでしょうか?

育児休暇延長も権利

育児休暇とは法律で決まっていて、最長子どもが1歳6ヶ月になるまで延長できます。
企業によっては3年間の育児休暇が定められているところもあります。
育児休暇中に2人目妊娠した場合、育児休暇延長して産休に入り再び育児休暇をとるということになります。

2人目妊娠や延長などは関係なく、基本的には権利として認められているので問題はないということになります。
いったん復職して再び産休や育休をとるよりも、育児休暇中に2人目妊娠し育児休暇延長をする方が職場の人への負担も少なくなる業種もあると思います。

ですがどのような状況でも、育児休暇延長をお願いするといい顔をされない会社も少なくないと思います。
休みをお願いする方としても、心苦しい部分もあるというのが現状ではないでしょうか。
2人目妊娠できたことを嬉しく思う反面、仕事に関しては複雑な気持ちになりますね。

育児休暇延長した後のプランは?

まれに、2人目妊娠後に出産、育児休暇を延長した後に退職する人がいます。
こういうケースは、わがままととられても当然ですね。

ですが、育児休暇延長後は子どもを保育園に預けて復職したいと思っている人はしっかりプランを立てておく必要があります。
保育園に預ける時期や復職後の生活など、しっかり考えておきましょう。

例えば、1年間育休をとるのではなく年度始めに復職し子どもも保育園に入園するようにしたり、復帰する部署を替えてもらったりするなどの方法があると思います。
2人目妊娠がわかったら、早めの時期から考えておくといいと思います。

職場によっては簡単に部署を移動する事は出来ないかもしれませんが、時短勤務の制度などについても調べておきましょう。
育児休暇延長後に復職したものの、子どもの都合で頻繁に休んだり任された仕事をこなせなければますますいい顔をされないかもしれません。

まだまだ育児休暇やワーキングママへの制度は十分ではなく、大変な思いをすることがあるかもしれません。
ですが育休をとったぶんを挽回するつもりで働いてみてください。
自然と周りの人達も理解してくれるはずです。