ビタミンB6とは、つわり対策の点滴などに含まれていて、治療効果があるとされている成分です。
葉酸などと並んで、妊娠初期に摂取すると良いと言われます。
実際のところ、ビタミンB6はつわり対策として有効なのでしょうか。

ビタミンB6の効能

何故、つわり対策としてビタミンB6が推奨されるのか、その根拠ははっきりとはしません。
ただ、ビタミンB6が不足した妊婦は妊娠高血圧症候群になりやすいとされ、つわりを悪化させるという事ははっきりしているようです。
つまりは、ビタミンB6を補う事で症状を軽減し、悪化を食い止める事になりつわり対策に有効と言える訳です。
吐きつわりなどで十分に食事を取れない初期などは、サプリメントで摂取すると良いでしょう。
病院に行けば点滴で取り入れてくれますので、主治医に相談してみましょう。

ビタミンB6を含む食材

それでは、一体どんな食材にビタミンB6が多く含まれるのでしょうか。
まず、手軽に食べられるもので言うとバナナです。
栄養価も高く満腹感も得られるため、つわり対策にお勧めです。
そして、玄米にも多く含まれます。

よく、つわりで白米が食べられなくなったと聞きますが、玄米に変えてみましょう。
玄米には他の栄養素も多く含まれますし、つわり対策に非常に有効です。
魚類にも沢山含まれています。
特にマグロは群を抜いていますが、生は良くないため必ず加熱して頂きましょう。

合わせてとりたいビタミンB2

ビタミンB6を頑張って摂取しても、ちゃんと身体に吸収されなければ意味がありません。
一緒に摂取する事で、ビタミンB6の吸収を良くしてくれるのがビタミンB2です。
豆類や海藻類などに多く含まれます。
ダブルで摂取してつわり対策を万全にしてみましょう。

つわりとは症状です。
特に代表的な吐き気は、本当に過酷な症状です。
それを緩和してくれる栄養素がビタミンB6なので、つわり対策として積極的に取り入れて頂きたいと思います。
上手に活用して乗り切りましょう。