今まで貧血症状がなくても、妊婦検診で貧血を指摘される人も多いようです。
妊娠中の貧血は症状が無い場合も多く、軽く考えがちです。
しかし妊娠中の貧血は、重度になると胎児の成長にも大きく影響します。

妊娠中の貧血はどのような影響があるのでしょうか?

妊娠中の貧血に注意が必要なワケ

妊娠中は、胎児に栄養を送るために血液量が多くなるのですが、血液成分も同じように増えるわけではないのです。
そのため血液が薄くなってしまって、妊娠中は貧血となりやすいのです。

妊娠中の貧血は軽度であれば大きな問題はないと言われています。
しかし、妊娠中の貧血状態は胎児への栄養を送る量が少なくなるということですので、重症になれば胎児の成長にも悪影響を及ぼします。
具体的には、産まれてきた赤ちゃんが低体重児や未熟児になりやすいといわれています。

赤ちゃんへの影響だけではありません。
微弱陣痛になりやすく、お産の時間が長くなり母体や胎児に大きな負担になると言われています。

貧血症状はどんなもの?

妊娠中の貧血症状は、通常の貧血の症状と同じで疲れやすくなり、体がだるく感じます。
めまいや立ちくらみもあり、少し動いただけで息切れをします。

こういった症状は、妊娠中のつわり症状やお腹が大きくなってきたせいだと勘違いしやすい症状でもあります。
また、軽度の場合は症状が無い場合も少なくありません。

妊婦検診はしっかり受診し、症状があれば医師に相談しましょう。
症状が軽度の場合は経過観察や食事指導などがあるかもしれません。
症状がひどいと赤ちゃんへのへの影響も重大になるので、鉄剤を処方されることがあります。

食事で貧血改善を!

鉄剤を内服すると、胃がムカムカしたり便秘気味になったりとツラい副作用がでる人もいるようです。
もちろん自己判断で内服を中断してはいけませんので、食事から鉄剤をしっかり摂るようにして薬に頼らずに貧血を改善していきましょう。
貧血症状がない人も、予防的に鉄分の多い食材を取り入れてみましょう。

逆に、鉄分の吸収率を下げてしまうのがタンニンです。
緑茶やコーヒーなどに多く含まれていますので、こういったタンニンを多く含む飲み物を食後や食事中に飲むのは控えた方がよいと言えそうです。