妊娠すると、摂取量に注意しなければいけない食材や飲み物がいくつかあります。
その中の1つがコーヒーです。

妊娠をするとコーヒーはあまりたくさん飲んではいけないと聞きますね。
妊娠前に1日何杯もコーヒーを飲んでいる人は、注意しないといけません。
今回は妊娠中にコーヒーを控える理由についてお話しします。

コーヒーを妊娠中に控えるのはなぜ?

コーヒーにはカフェインが多く含まれていて、このカフェインが胎児に影響するという報告があります。
カフェインを妊婦の血液を通じて赤ちゃんに移行します。

赤ちゃんはカフェインを分解する機能が未熟ですので、カフェインを排泄することができません。
ですので赤ちゃんの体内のカフェインが高濃度になり、その結果発育の遅れに影響すると言われています。
妊娠中に、毎日コーヒーを8杯以上飲んでいるばあいは死産のリスクが高まるという報告もあります。

1日にコーヒー1~2杯程度なら問題ない?

カフェインが多く含まれてる飲み物は、コーヒーだけではありません。
紅茶やコーラ、ココアや緑茶にも含まれています。
栄養ドリンクにもかなり多く含まれている場合があります。

妊娠中にはコーヒーだけでなく、こういった食品の摂取にも気をつけましょう。
1日に摂取してもよいと言われているカフェイン摂取量はおよそ300mgまでです。
コーヒーに換算すると1~2杯程度になります。

もしコーヒーを1日に何杯も飲むことが習慣になっている場合には、いきなりやめることはストレスになりますね。
そういう場合には、カフェインレスのコーヒーを飲むことをおススメします。
また、ドリップよりもインスタントコーヒーの方がカフェインもやや少なめです。
濃いコーヒーよりもアメリカンを選ぶなど工夫してみて下さい。