妊娠中のつわり症状はとてもつらいものです。
症状軽減のために色々なことを試しても、人によっては全く効果がない場合もあります。
産婦人科でもつわりに効果のある薬はなかなか処方してもらえず、ツラい思いをしている人も多いと思います。

そんな方に、つわりに効果があると言われている小半夏加茯苓湯という漢方を紹介したいと思います。
もちろんどんな場合にも効果があるとは限りませんが、小半夏加茯苓湯はつわりに対して処方される代表的な漢方薬だそうです。

小半夏加茯苓湯ってどんな漢方なの?

小半夏加茯苓湯は「しょうはんげかぶくりょうとう」と読みます。
どのような効果があるのかというと、吐き気や嘔吐をおさえたり胃に水分が溜まっているようなときに効果があるそうです。

名前の通りですが、小半夏加茯苓湯は半夏、生姜、茯苓、という3種類の生薬から作られています。
半夏と生姜がつわりの吐き気を抑え、茯苓は溜まっている水分の代謝を促してくれるようです。

小半夏加茯苓湯はこんなつわりの症状に効果的

さきほどからお話ししていますが、小半夏加茯苓湯は吐き気や嘔吐の強いつわりに効果があります。
妊娠前から胃腸が弱い人や、水分代謝が悪くむくみやすい人はつわり中に吐き気が強くなる傾向があるようです。
こういった人には、小半夏加茯苓湯を飲んでみることをおススメします。

ただし、冷え性の人には効果がないようです。
漢方薬は体質に合ったものを飲まないと、効き目も期待できません。
つわりがひどく、小半夏加茯苓湯を試してみたいと思ったら医師に相談して自分に合った漢方薬を処方してもらうのが一番効果的だと言えます。

小半夏加茯苓湯は、ネットや通販でも購入できます。
ただし効果には個人差がありますし、たくさん飲んだからといって効果が出るというものでもありません。
試してみたいと思った方は、医師や専門家に相談してから内服することをおすすめします。