妊娠中に体型が変わり、今までの服が入らなくなったり好きな服が着れずストレスに感じることもあるかもしれません。
そのため、体型をできるだけ維持しようと妊娠中にダイエットをする女性が近年増えているといいます。

ですが、妊娠中のダイエットは危険なこともたくさんあります。
妊娠中にはなぜダイエットしてはいけないかについて、ダイエットの影響についてお話しします。

間違った妊娠中のダイエットは赤ちゃんの成長を妨げる

赤ちゃんに酸素や栄養をしっかり送るためには、妊婦の食生活がとても大切になります。
妊婦のダイエットによる栄養不足は赤ちゃんの栄養不足にもつながり、成長を妨げます。

具体的には、低出生体重児は免疫力が弱く感染症や合併症などのリスクも高まります。
個人差もありますが、小学生に入る頃までは発育や発達は比較的ゆっくりだと言われています。
胎児の時の成長にとどまらず、産まれてからも数年間の成長は健診などでチェックが必要になってくるかもしれません。

低出生体重児は将来、生活習慣病になりやすい!?

妊娠中にダイエットすることで、赤ちゃんの栄養不足を招きます。
これにより、赤ちゃんが脂肪を蓄積しやすい体になります。
こういった体質が将来、生活習慣病を引き起こしやすい体質となると言われています。

それだけでなく、低体重や栄養不足で産まれた赤ちゃんはさまざまなリスクが考えられています。
例えば、精神疾患にかかるリスクや脳の異常などを引き起こすことについて指摘されています。

妊娠中のダイエットは、赤ちゃんの将来の病気まで決めてしまいます。
自分の一時的な体型の変化と、赤ちゃんを将来にわたって危険にさらすこと、気をつけるべきはどちらですか??

正しい体重管理を知ることが大切

妊娠中のダイエットは危険ですが、体重の増え過ぎも妊娠中毒症などの危険を引き起こします。
つまり妊娠初期から、正しい体重管理について知ることがとても大切になってくるのです。

妊娠中は赤ちゃんがお腹にいるので体重は増えて当然です。
バランスのいい食事を摂ることや、妊娠経過に合った運動で体重管理をするようにしましょう。