妊娠初期にツラい思いをするつわりですが、症状は人それぞれです。
私もひどい吐き気がひどかったのですが、つわり対策を知らなかったので長い間ツラい思いをしました。

今回は、そんなツラいつわり対策に効果のあると言われているビタミンB6についてお話しします。
本当にビタミンB6がつわり対策に効果的なのでしょうか?

ビタミンB6の効果

ビタミンB6は皮膚や髪の毛を健康に保つビタミンとして、また口内炎などにも効果があると言われています。
しかしビタミンB6がつわり対策に効果があるという報告もあるようです。
どういうメカニズムなのでしょうか?

これは、つわりの原因の1つにビタミンB6不足が指摘されていることによります。
ビタミンB6は食事から摂ったたんぱく質をアミノ酸に分解し、さらに体に必要なたんぱく質を作り出す過程に大きく働きます。
つわりは、このアミノ酸の代謝に異常をきたしているとされていて、こういった場合にビタミンB6の摂取がつわり対策に効果的だといわれているのだそうです。

つわり対策よりも妊娠悪阻に効果的!?

妊娠悪阻というのは、つわりが重症化したもので入院治療などが必要となるような場合の状態です。
こういった場合、点滴から栄養や水分を補給しますが、この点滴にもビタミンB6が含まれているようです。
一般的なつわり対策よりも、こういった妊娠悪阻の治療にビタミンB6を投与する方が改善が見られやすい、という研究報告があります。

しかし、まだ研究段階ですので明らかにされていないこともたくさんあります。
つわりの他どのような症状に対してもビタミンB6が効果があるわけでもないようですが、妊娠中は栄養不足になりやすいので、サプリなどでビタミンを補給することはとても大切です。

つわり対策の1つとしてビタミンB6を積極的に摂取する

ビタミンB6とつわり対策については医学的な根拠はまだ確立されてはいませんが、経験としてはやはりビタミン6を摂取したほうがつわりが楽になる方が多いようです。
ですが妊娠中はビタミン類を始めたくさんの栄養が必要となります。
つわり中はなかなか食事もとれませんが、あまりにも症状がひどい時はビタミンB6を多く含む食材を選んで摂取してみるのもいいかもしれません。

サプリメントは食欲がない時も手軽に摂取できますが、注意も必要です。
総合ビタミン剤などには、妊娠中の過剰摂取を控えるべき栄養素も含まれる場合があります。
自己判断で使用するのはやめ、医師や薬剤師に相談してから利用しましょう。