妊娠中に大切な栄養素である葉酸ですが、妊娠をきっかけに初めて聞いたと言う人も多いのではないでしょうか?
葉酸はなぜ妊娠中に大切だと言われているのでしょうか?

赤ちゃんの発育に大きく影響する葉酸

葉酸は、体の細胞を作る働きに大きく関わっています。
細胞の代謝を助けたり、新しい細胞を作り出す働きを促しています。
つまり体の発育を促してくれるため、赤ちゃんの新しい細胞や組織が作られる時にとても大切な役割を果たすことになります。

また葉酸は、DNAを作り出す過程にも大きく関わっています。
葉酸が不足すると、細胞分裂の段階で間違った遺伝子情報を持った細胞を作ってしまいます。
本来であれば、間違った情報を持つ細胞を修正するのも葉酸の働きですが、葉酸が少ないと修正することも出来なくなります。

これが妊娠中に胎児に影響してしまうと、産まれた赤ちゃんが無脳症や神経間閉鎖障害という病気にかかってしまうことがあります。
妊娠中には胎児は細胞分裂を常に繰り返しているので、初期から後期まで葉酸は大切な栄養素だと言えるのです。

葉酸は貧血の予防や改善にも効果的

葉酸は赤血球を造る働きもあります。
妊娠中は血液量が増えますがそれに比例するほどの赤血球は造られません。
これにより妊娠中は貧血になりやすくなります。

こういった妊娠中の体に葉酸の働きが大切になってくるのです。
貧血の状態が長く続くと、赤ちゃんへの栄養や酸素が十分に届かなくなります。
つまり妊娠中の貧血が続いたり重症になると、赤ちゃんもしっかり成長できなくなります。

貧血の改善や予防のためにも、妊娠中はしっかり葉酸を摂取することが大切になってくるのです。

通常の食生活を送っていれば葉酸が不足することはありませんが、妊娠中は通常の倍近くの葉酸の摂取が必要となります。
サプリメントなどもうまく利用して、葉酸をしっかり摂取するように心がけましょう。