妊娠初期は、体調の変化が起きやすい時期です。
様々な身体の変化に戸惑い、不安な気持ちになる妊婦さんも多いようですね。

妊娠初期は下痢になりやすい?!

妊娠初期によく起こる症状の1つに下痢症状があります。
なぜ妊娠初期に下痢が起こりやすいのかというと、妊娠すると活性化するプロゲステロンというホルモンが関係していると言われています。
このホルモンは腸の運動を抑制したり、腸内の水分を奪ってしまったりします。

また、妊娠初期に起こるつわりも下痢と大きな関係があるようです。
妊娠初期の女性は、つわりから食べ物の好みが変わったり、冷たいものや喉ごしの良いものを求めやすかったりする傾向にあります。
そういった食生活の変化や冷たい食品で身体を冷やしてしまう事が原因となって下痢症状が出てしまうようなんですね。

妊娠初期の下痢、流産の兆候って本当?下痢の対策法とは

妊娠初期に下痢が続くと、心配なのはお腹にいる赤ちゃんの事ですよね。
私も妊娠中は下痢でトイレに閉じこもった際は、いきみすぎて赤ちゃんが出てしまったらどうしよう…などと不安にかられたものです。

今思うと笑い話ですが、初めて妊娠する女性にとっては深刻な悩みなんですよね。
大抵の場合は、赤ちゃんに悪影響はないそうなので安心してください。

とはいえ、妊娠初期に毎回下痢ばかりしているのも身体に良くありませんから、ここで対策方法についてご紹介します。
妊娠初期に下痢をしないための対策方法は2つあります。

その1は、消化に良いものを食べたり、消化を良くするような食べ方をするという事ですね。
つわりなどの症状により胃腸が大分弱っていますから、早食いをしたり油っぽいものを食べ過ぎたりしないように気を付けましょう。

その2は、身体を冷やしすぎない事です。
どうしてもつわりを乗り切るために、冷たいものを多く摂取してしまう妊婦さんは多いですね。
でも、妊娠初期の状態に身体を冷やすことは下痢を誘発してしまいます。

温かいものを食べたり、ブランケットなどをかけるなどして身体を冷やすことがないよう気を付けましょう。
冷房の効いた室内などでは上着を羽織るなど冷気が直接身体に当たらないような配慮が必要でしょう。

妊娠初期の下痢対策法いかがでしたでしょうか?
日常生活で気を付ければ特に問題ない事ばかりですよね。