女性にとって生理予定日ってかなり重要ですよね。
妊活をしている人、避妊している人にとっては毎月この日が来るのをドキドキするのではないでしょうか。

また特に意識していない人でも、体調がいつもと違ったり、お腹や頭が痛くなったりすると「生理そろそろかな?」なんて思う方も多いのではないでしょうか。

ところで子宮からの出血には生理の他にも着床出血というものがある事を知っていますか。
生理と着床出血、一体何が違うのでしょうか。

着床出血ってそもそも何?

着床出血とは、卵子と精子が受精して受精卵となった後、子宮に着床する際に絨毛という組織が子宮壁を傷つけた結果出たものです。
すべての女性に着床出血の症状がでるわけではなく、一部の人だけに限られているようです。

着床出血には個人差が状態も様々だと言われています。
おりものが茶色くなったり、生理が来たと勘違いしてしまうような鮮血が数日続くケースもあるようですね。

着床出血は生理予定日の一週間前から生理予定日のあたりで起きる事が多いと言われています。
しかし元から生理不順な方は、こういった日付での判断をするのがなかなか難しいと言われています。

もともと生理不順体質な人は、着床出血と生理の違いを見分けるのは難しいのかもしれませんね。

基礎体温を付けると一発で判明!着床出血と生理の違い

皆さんは基礎体温つけてますか。
私は昔つけていましたけど、測定がなかなか続かずにやめてしまった人です。
ちょっと面倒くさい基礎体温測定ですが、基礎体温をつけていると、着床出血と生理の違いを見分ける事が出来るんですよ。

違いが分かりにくい着床出血と生理の判別ができれば安心ですよね。
基礎体温と測定するのと、しないのとでは、どんな違いがあるのでしょうか。

女性の身体は妊娠しやすい状態になると体温が上がります。
排卵日の時は一瞬体温が下がりますが、妊娠をすると高温期が続くため妊娠をしたかどうかの判断が可能なのです。
排卵日以降に高温期が二週間以上続けは妊娠は間違いないと思って良いでしょう。

一方で生理日からの日数を数えて計算するオギノ式という方法もあります。
これは基礎体温を計測しない方法ですね。

客観的な数字やデータがないというのが基礎体温方との大きな違いですね。
感に近いものなので、妊活には良い気もしますが、避妊にはお勧めできない方法です。

着床出血と生理についての違い、いかがだったでしょうか?
ちなみにいずれの方法も生理が規則正しい方に当てはまるもので、生理不順の場合はなかなか判別しにくい事もあるようです。