最近、電車やバスでマタニティマークをつけていると危険な目に遭う妊婦が多いようです。
妊婦さんに否定的な意見もネット上では多く見られます。
一部の心ない人の行為で、マタニティマークが危険なものと扱われているようです。

マタニティマークとは?

マタニティマークとは、妊婦であることを示すものです。
公共交通機関などで示すことによって、外見でわかりにくい妊婦に対して周囲が配慮しやすくするためのものです。
中には、外出時に事故に遭ったり倒れた時に赤ちゃんの存在を示す意味でマタニティマークを使用している人もいます。

しかし、このマタニティマークをつけることでお腹を殴られたり嫌がらせを受けるという危険も多くなっているようです。

マタニティマークは危険?

近年、不妊に悩む女性も増えてきておりそういった人がマタニティマークを不快に思い嫌がらせをし、妊婦が危険な目に遭うことがあるようです。
また、マタニティマークをつけた人が電車で立っていると「席を譲れといわれているような威圧感がある」という意見も少なくありません。

妊婦には危険な嫌がらせが多く、妊娠中も公共交通機関で通勤している女性には厳しい意見かもしれません。
しかし一方、「妊婦様」と呼ばれ「妊娠しているんだから席を譲ってもらって当たり前」という態度の女性が増えているというのも現実です。

お互い様、という考えが世の中全体に希薄しているのかもしれません。

マタニティマークはつけないほうがいい?

マタニティマークを付けることで危険はありますが、マタニティマークをつけるのであればどういった目的で使うのか自分でしっかり考えておく必要があります。
例えば、妊娠初期のつわりがひどく通勤電車では優先的に座らせてほしいと思うならばマタニティマークはとても便利です。
妊娠初期には見た目にわかりにくいので、妊娠していることを示す印になります。

しかし、事故に遭ったり倒れた時のためにというのであればマタニティマークはカバンの内側などにつけておいてもいいかもしれません。
見た目にわかるくらいお腹が大きくなってくれば、わざわざマタニティーマークを付けなくてもいいかもしれませんね。

妊婦に危険な行為をすることは許されませんが、マタニティマークを不快に思う人がいるのは事実です。
しかし妊婦だから優先されて当然というわけでもありません。
手助けが必要な場面に応じてマタニティマークをつける、という配慮も妊婦には必要なのかもしれません。