妊娠中、気がかりな事や、赤ちゃんのためにやっておきたい事の中に、胎教があるという人は多いと思います。

胎教の方法はさまざまですが、最も有名な胎教として七田式胎教というものがあります。

七田式胎教は、教室に通う、出版物から学ぶなど、胎教方法を習得するツールもいろいろとあり、実際に七田式胎教をしているという人もたくさんいます。

メジャーな胎教方法として有名な七田式胎教、実際に行っている人は、どのように考えているのでしょうか。

胎教の大切さを教えてくれる七田式胎教

赤ちゃんは、まだお母さんのお腹の中にいる胎児の段階で、すでに外の世界の音や声、様子をしっかりとわかっています。

胎教は、さまざまな器官や脳が発達をすることを促し、お腹の中にいる段階からいわば教育や経験をさせるという考え方だといえるでしょう。

そして、その方法はさまざまなものがあり、音楽を聞かせたり、話しかけたり、お腹を触りながらいろいろなことをするなど、いろいろな手法があります。

七田式胎教はこうした胎教の方法の中から、それぞれの優れた部分を採用して、それを独自に応用したり、発展させて開発してきた胎教だといえるでしょう。

長年、胎教に携わり、研究を重ねてきたり、多くの人の意見を取り入れてきただけあって、胎教による赤ちゃんへの良い影響はしっかりとあるという人が多くなっています。

胎教への考え方はやはり人それぞれ違う

七田式胎教のように、しっかりとお腹の中にいるうちから胎教をして、生まれてからの能力に少しでもさをつけたいという考え方も、親心として一つあるでしょう。

しかし、胎教への考え方はさまざまなで、七田式胎教のように本格的に胎教を学んでしなくても、ふだん母親となる自分が好きな音楽を聞いたり、好きな絵を見たり、優しく話しかけるというナチュラルな胎教を実践しているという人も多いのが事実です。

無理をしなくても、ごく自然におなかの中で成長して、無事に生まれてくれることを願っているため、胎教をとくべつしていないという人も多いです。

胎教をしている人が我が子に熱心で、胎教をしていない人は無関心というわけではなく、胎教などの方法と使ってあえて教育を生まれる前からする人も、また、自然体で出産まで過ごしたいと願っている人も、我が子への愛情や思いは同じです。

胎教は、母親または父親となる人の考え方によってするかしないかを選べばよいものです。

出産までの間の過ごし方は人それぞれ、自分のお腹の中の赤ちゃんの生命力を信じて、それぞれの過ごし方、接し方で妊娠生活を健やかなものにしましょう。