赤ちゃんが生まれる前までは、無事に生まれてくれればそれだけでいい、生まれてくれるだけでありがとう、など、安産な出産だけをただただ願い、赤ちゃんの優秀さなどを期に泣ける人はあまりいません。

しかし、やはり赤ちゃんが生まれた後は、自分の子が少しでも賢い子になるように、良い子に成長するようにと願う欲が出てくるのが親心と言うものです。
赤ちゃんが生まれた後、賢い子に成長させるためには、実は妊娠中からの栄養摂取が大きく影響しています。

賢い子になるために、お腹の中の赤ちゃんの頃から、ママが摂取すべき栄養はどのようなものがあるのでしょうか。

まずは赤ちゃんの健やかな発達のための栄養をしっかりと補給しましょう

妊娠中、赤ちゃんはママのお腹の中でどんどん大きくなっていきます。

10か月の間に、小さな受精卵から外のせかいでしっかりと生きていけるだけの体を作りだすのですから、赤ちゃんのお腹の中での成長は目覚ましいものがあるといえるでしょう。

生まれてからも賢い子に成長させるためには、まずお腹の中の赤ちゃんの時代からのしっかりとした栄養摂取が肝心です。

赤ちゃんが栄養摂取をしっかりとする、そのためには、ママが妊娠中から赤ちゃんへの栄養を意識して、食べる物などの気をつけていなければなりません。

赤ちゃんが着実に大きくなるために、必要な栄養、それはいろいろな食品から摂取する、バランスの良い栄養です。

バランスの良い食事内容であること、それが、バランスの良い栄養を摂取する基本です。

赤ちゃんの健やかな成長、そして賢い子になる要素を妊娠中から作りだしておきたいのであれば、まずは赤ちゃんの成長が順調に進み、どの栄養素も不足なく摂取できるような食生活を心がけましょう。

目指すは低糖質、高タンパク質

賢い子に成長するために、ママが妊娠中から気をつけておきたい栄養摂取として理想的なのは、糖質を低くして、タンパク質を多く摂取するということです。

低糖質を目指すといっても、糖質を極力抑えるという意味ではなく、肥満や血糖値の急激な変化を抑えるということが目的であって、糖質も大切な栄養素の一つだという考え方です。

そして、日本人女性のほとんどは、タンパク質が不足していますので、このたんぱく質を言う栄養素を意識して摂取することが良いでしょう。

魚や肉、卵や乳製品などを積極的に取り入れて、タンパク質を豊富に摂取することで、胎児の発育や成長に欠かせない栄養素を補うことができます。

また、この点に気をつけると同時に、赤ちゃんの成長に欠かせないカルシウムや葉酸、ビタミン類など、さまざまなミネラルなどの摂取にも十分に配慮しましょう。