妊娠すると、体にはさまざまな体調の変化があらわれます。

とくに妊娠初期には、下痢や便秘、つわりにともなう吐き気や倦怠感など、たくさんの症状が出やすく、流産の可能性もまだ残っているため、体調の変化をしっかりとみておく必要があります。

とりわけ妊娠初期には、腹痛を伴う症状が多いということがあり、下痢でおなかが痛い場合、流産ではないかと心配になることも多くあります。

妊娠初期の下痢は流産とは関係ない?

妊娠初期は、ホルモンバランスが非常に乱れやすく、その影響で便秘になったり下痢になったり、腸の異常を感じる日が多くあります。

とくに下痢は腹痛を伴うため、お腹の中の赤ちゃんに影響を与え、流産してしまうのではないかと心配になる人もいるようですが、下痢と流産は実はあまり関連性がありません。

妊娠初期には、下痢という症状を訴える妊婦さんも割と多く、その多くはホルモンのバランスが崩れたことによって、自律神経が影響していると考えられます。

妊娠初期に少しくらい下痢をしたからといって、すぐに流産するわけではありませんので、あまり心配しすぎずに、経過をしっかりと観察しましょう。

水下痢のような状態になったり、長く下痢が続くようなら必ず受診

少々の下痢で流産を心配する事はありませんが、下痢や体内の水分不足になりやすい症状です。

そのため、妊娠初期の大切な時期に脱水状態に陥らないために、あまり長く続くような下痢や、水のようなひどい下痢がある場合には、出血などの流産の兆候が無くても受診して主治医の判断を仰ぐようにしましょう。

妊娠初期は、体の状態も不安定で、心配する精神面もストレスになりかねません。

下痢と妊娠初期の流産には関連性があまり無いとしても、体の水分量の確保と、本当に下痢による腹痛なのかどうかを調べるために受診する方が無難です。

妊娠初期の下痢は、水分補給をしっかりと

妊娠初期にはつわりなどから、体が水分不足に陥りやすい傾向にあります。

さらに、下痢の症状が重なってしまうと、体からどんどん水分が抜けていってしまい、脱水状態に陥るというケースが多く見られます。

水分不足は妊娠初期にとって大きな体のダメージとなりますから、妊娠初期で下痢の症状になった場合、極力水分をこまめに摂取するように心がけましょう。

つわりで水分補給もままならないようであれば、病院で点滴による水分や栄養分の補給もすることができます。

妊娠初期の大切な時期ですから、自分で水分を摂取できないような状態での下痢が見られたら、一度受診して体の水分量を確保する方が良いかもしれません。

受診することで胎児の状態も把握することができますし、安心して症状改善を待つことができるからです。