妊娠中、風邪やインフルエンザにかかってしまうと、お腹の中の赤ちゃんへの影響が心配です。

風邪はある程度気をつければひかないようにすることができますが、インフルエンザは感染力が強いため、知らず知らずのうちにウイルスが体内へと侵入してしまう場合もあります。

そこで、妊娠中、もっとも気がかりな妊娠初期、インフルエンザ予防接種は受けることが可能なのでしょうか。

また、妊娠初期であっても、インフルエンザ予防接種は受けることができるのでしょうか。

妊娠初期のインフルエンザ予防接種はどうする?

妊娠初期の人にとって、インフルエンザにかかってしまうことはとても不安の付きまとうことです。

妊娠初期にインフルエンザにかからないようにするために、インフルエンザ予防接種は受けることができるのでしょうか。

インフルエンザ予防接種は、一般的には、妊娠初期には行わず、妊娠中期など、ある程度安定期とされる時期に入ってから行われることが多いようです。

妊娠初期は流産の危険性がまだ残っていますし、胎児の大切な器官が形成される時期と会って、インフルエンザが流行する時期でも推奨して摂取を行っているところは少ない要です。

しかし、インフルエンザが猛威を振るって、感染の危険性があるような大流行地域になると、妊娠初期であってもインフルエンザ予防接種を勧めるという場合もあるようです。

インフルエンザ予防接種を受けてから妊娠初期だと気がついた場合

すでにインフルエンザ予防接種を受けてしまった後で、妊娠初期に入っていると気が付くという場合もあるでしょう。

そのような場合、お腹の中の赤ちゃんにインフルエンザ予防接種を受けたための影響はあるのでしょうか。

現在、日本国内で使用されているインフルエンザ予防接種のワクチンは、不活化ワクチンという、毒性のない成分だけを抽出してある安全なワクチンです。

妊娠初期に、妊娠していると気が付かずインフルエンザ予防接種を受けてしまった場合でも、直ちにワクチンの影響がお腹の中の赤ちゃんに及ぶということはなさそうです。

アレルギー反応の有無や、インフルエンザ予防接種を受けてしまったということを、念のため主治医に相談して意見を仰ぐとより安心できるでしょう。

いずれにせよ、妊娠初期だと気が付かず、インフルエンザ予防接種を受けてしまったとしても、誰も悪いわけではなく、責められるようなことではありません。

経過を見てなんともないようでしたら、インフルエンザ予防接種の影響は少ないと考えてよいでしょう。