妊娠中は、病院の検診に行って我が子を見るのが楽しみになっていたり、検診で心音を聞くと安心するなど、自分のお腹の中で赤ちゃんが成長しているということを体感する時は、本当に母親としての喜びに満ち溢れる瞬間です。

中でも、胎児の心音は、我が子がしっかりとお腹の中で生きているというあかしでもあり、心音を聞くだけでうれしくなってしまうものです。

この胎児の心音、実は、聴診器で聞くことができ、その聴診器が発売されていて誰でも購入して好きな時に我が子の元気な心音を聞くことができるという事をご存じでしょうか。

心音を聞くことは、母親にとっても心身安定につながる

自分の子供の心音を実際に聞くことができる聴診器は、ベビー用品専門店などで購入する事ができます。

胎児の心音を聞くという機会は、通常検診時などでしか経験することのできない貴重なものですから、この胎児の心音を自宅などでゆったりと過ごしながら聞くことができるということで、話題を集めている商品です。

我が子が一生懸命に生きようとしているあかしである心音は、母親にとっても心身ともに良い作用を産みだし、精神的な安定をもたらすことにつながるものです。

妊娠中はホルモンのバランスが崩れやすい状態になっていて、情緒不安定や不安感、いらいらなど、さまざまな感情に押し流されそうになる時が多くあります。

しかし、どのような時でも、お腹の中では赤ちゃんが懸命に生きていると感じることができれば、感情的になったり、意味もなく悲しくなってしまうなどの悲壮感を軽減させることができるでしょう。

お腹の中で生きている可愛い我が子、対面するその日までの心臓の鼓動を聞くことができるというのは、本当に感動することです。

使用の上での注意はあまりナーバスになりすぎないことが重要

胎児の心音を手軽に聞くことができるとなると、いつでも我が子の生きているあかしを確かめたくなってしまい、ついついその事ばかりを意識してしまいがちになる場合もあります。

いつもより心音の聞こえが悪かったり、心音が聞き取りにくいなど、ほんとうは何でもないような場合でも、角度や場所によってそういった状態になってしまうことがあります。

しかし、あまりに心音だけに気を取られるあまり、少しでも心音の聞こえ方が違うだけでナーバスになってしまったり、過剰に反応して誤解してしまったりしたのでは、せっかくの胎児の心音を聞くという聴診器の役割も半減してしまいます。

我が子の心音を聞く際には、心音と一緒に、胎動や自分の体調、オリモノの状態なども確認しながらすると良いでしょう。

産まれるまでの間、しっかりとお腹の中で生きている赤ちゃん、その元気な心音を聞いて、毎日を健やかに過ごすという気持ちをいつまでも忘れないでいましょう。