昨今、赤ちゃんがおなかにいるときから教育や学習を経験させるという、胎教が話題になっています。

胎教の種類も千差万別で、胎教に関する書籍や教材、通信講座や教室など、さまざまなタイプの胎教が注目を集めています。

その胎教の中でも、英語をお腹の中にいるときから聞かせたり、話しかけたりすることで、生まれてからの英語の力をより発揮できるようにするという、英語関連の胎教が高い支持を集めています。

英語で胎教をするということは、両親にもある程度努力が必要となりますし、胎教の教材や教室などは、決して安く済むものではありません。

では、どうして英語の胎教がここまで妊娠している人たちの、これから子供を持とうとしている人たちの支持を得ているのでしょうか。

英語の胎教、その背景にはやはり日本人の英語苦手意識があり

胎教の段階から英語を習得させる前の段階を作り上げ、生まれた後に英語が堪能な子に育ってほしいと願う親が多い背景には、やはり日本人の、英語に対する苦手意識が関係しているといっても良いでしょう。

なかなか離せるようになることが難しい英会話、自分の子供にはそういった努力を強いたくないという思いから、幼いころ、また胎教などから英語に親しむような環境を作ろうという人が増えています。

胎教の段階で胎児が英語を理解することは難しいでしょうが、生まれてから英語に苦手意識がなくなるという意見が大多数をしめ、英語での胎教はますます人気が急増しています。

また、日本も世界のあちこちでさまざまな分野において活躍する人が増えており、我が子も世界を視野に活躍するような人になってほしいとの親心もあるでしょう。

グローバル化が進む社会において、英語ができないためについていけない、おいていかれる事のないように、胎児のうちからしっかりと世界基準である英語を習得させようという、涙ぐましい努力をする親が増えているのです。

英語の胎教、シェアを広げているのはやはりディズニー

英語の胎教や、乳幼児の英語教育の分野において、やはり最も大きなシェアを広げているのが、ディズニーの英語教材だといえるでしょう。

ディズニーの英語システムをはじめとして、ディズニーは、さまざまな英語教材を開発、販売しています。

その他にも、ペピーキッズや公文などが胎教、乳幼児英語教育においてはある程度のシェアを持っているようですが、やはり子供たちからの絶大な支持と人気を集めているのはディズニーだといえるでしょう。