生まれる前の我が子を、いとしさのあまり胎児ネームでよぶという人はたくさんいます。

しかし、胎児ネームはいったいいつまで使う事ができるのでしょうか。

そして、どのタイミングでやめたらよいのか、出産と胎児ネームをいつまで使うかのタイミング、胎児ネームで呼んでいて出産後きり替えをした人はどのようなタイミングで切り替えをしていたのでしょうか。

実は一般的?多くの人が胎児ネームを使っている!

昨今、胎教などのブームもあり、呼びかけなどをする際に使う胎児ネームは、一般的になりつつあります。

お腹の中の我が子に話しかける時に特別な呼び方をする胎児ネームがあれば、話しかけやすかったり、胎教の時などにとても便利だという点から多くの人が胎児ネームで赤ちゃんに呼びかけをしたりしています。

母親側が胎児ネームで呼びかけをするようにしていれば、父親側もおなかに話しかけたり、胎教などに協力しやすくなるというメリットもあり、胎児ネームは現在、妊娠している人の間で広く使われるようになっているのです。

胎児ネームが広がった背景には、男性の育児参加や妊娠に伴う両親学級や父親学級などの普及、そして、胎教など、出産前の教育が一般的になってきたということがあるでしょう。

みんなはどうしてる?胎児ネームはいつまで使っているの?

胎児ネームを使ってお腹の中の赤ちゃんを呼んでいる人は、いったいいつまで胎児ネームを使っているのでしょうか。

胎児ネームと本当の名前とに切り替えは、どのタイミングでおこなっているのでしょう。

胎児ネームを使っている人が、我が子をいつまで胎児ネームで呼び、どのタイミングで本当の名前で呼ぶか、その大部分は、出産してこの世に誕生したときが切り替える時だという意見がほとんどです。

お腹の中から出てきたときに、胎児ネームを卒業して、本当の名前を与えるという人が最も多い意見です。

その他には、妊娠中で、生まれてからの名前が決まったときに変える、胎教を始める時に胎児ネームをやめ、本当の名前で呼ぶなどの意見もあります。

いずれにせよ、いつまで胎児ネームで呼ぶかという意見の大部分は、生まれたときには本当の名前で声をかけてあげたいという意見が大多数で、生まれてからも胎児ネームを使い続けるというケースはまれのようです。

赤ちゃんという一般的で当たり障りのない呼び方ではなく、特別な我が子に対する愛称のような胎児ネーム、まだ見ぬ、おなかにいるときにさえ、愛情があふれているという証明なのではないでしょうか。