出産準備でほとんどの人が購入するベビー布団、じつは出産前には必ず使用することになるだろうと思って購入したベビー布団を、出産後に全く、またはほとんど使わなかったという場合があります。

ベビー布団を出産準備品として購入するかどうか、実際にはベビー布団は必要なのかどうかを考えてみましょう。

出産準備でベビー布団は必要?必要ない?使う場合と使わない場合は?

ベビー布団は、赤ちゃんだけを専用に寝かせる布団ですから、出産前には必要だと感じて出産準備品として購入するという人がほとんどです。

ですが、出産後は、ベビー布団を使う人と使わない人とに分かれます。

どうして出産後に、ベビー布団を使わない場合があるのか、それは、授乳方法が大きく関係しているといえるでしょう。

母乳ではなくミルクで育児をする場合、夜中の授乳などは、ミルクを作るために母親は起きあがって布団から出るという行動を取ります。

ミルクを作るにはお湯が必要ですし、温度を調整するために水も必要でしょう。

この際は、赤ちゃんは安全なベビー布団で寝ているわけですから、ミルクで育てるという場合には、やはりベビー布団を使っている人が多くなります。

しかし、母乳で育児をする場合、夜は自分のすぐ隣に寝かせ、夜中の授乳は寝かせたままの姿勢で母乳を吸わせるという方法が最も楽になります。

この際、子供がベビー布団に寝ていると、夜中おっぱいを欲しがったと気にすぐに授乳することができませんから、必然的にベビー布団ではなく、自分の布団に寝かせるということになり、ベビー布団は必要ないということになるのです。

日中寝かせておく場合にはベビー布団は便利

夜中に母乳でベビー布団が必要なくても、出産準備で購入しておけば、日中赤ちゃんを寝かせておくのに便利だという場合もあります。

寝かせておくのは大人と一緒の布団でも構いませんが、夜はともかく、日中目の届くところまで布団を毎日運ぶのは大変です。

そんなとき、ベビー布団があれば、日中赤ちゃんを寝かせておく場所としてつかえるので、大変便利です。

出産準備の時でなければ、なかなか布団のようなかさばって重いものは買いに行くことができません。

また、ベビー布団は、子供がある程度大きくなるまでの間、お昼寝用の布団としても活躍します。

赤ちゃんが生まれてからあらためて必要性に気が付き、それから購入したり準備するのは大変ですから、出産準備品として、ベビー布団は一組購入しておく方が良いでしょう。

計画的に出産準備しておきましょうね!