妊娠したら、今まで経験したことのない自分自身の体の変化に時には悩まされたりすることもあります。
妊娠時期の特有の体の不調も出てきますし、気持ちも不安定になりがちなマタニティライフ。
少しでもそのマタニティライフを前向きに、充実したものにできるように色々な運動やグッズも出ています。

そんななか、今や大半の妊婦さんが体験しているという「マタニティヨガ」。その名の通り、「マタニティヨガ」は妊婦さんのためのヨガです。
ヨガのポーズには非常に多くのポーズが存在しており、なかには妊婦さんにおすすめのヨガポーズもたくさんあります。
そんな「マタニティヨガ」ですが、妊婦さんにとってどのようなポーズがおすすめか、またマタニティヨガを始めるのに適した時期はいつからなのか、気になりますよね。

マタニティヨガを始めるのはいつからがいいの?

マタニティヨガに限らず、妊婦さんが何かを始める時は、安定期を迎える5か月ごろが適した時期と言えそうです。
いつから始めたらいいのか分からない妊婦さんも多いですが、お母さんの体調が安定する5か月以前は、お腹はさほど大きくないにしてもつわりで苦しむ時期でもあります。
そのような時にマタニティヨガを始めても、期待していた効果を得られることは少ないようです。

また、安定期を迎えるまでは、お腹のなかの赤ちゃんの状態も未熟で不安定な時期です。
お母さんにとっても、またお腹のなかの赤ちゃんにとってもやはりきちんと安定期を迎えてから、マタニティヨガを始めるのが正解のようです。

では、そのマタニティヨガ、妊婦さんにおすすめのポーズとはどういったポーズがあるのでしょうか?

妊婦さんに効果的なおすすめのヨガポーズってどんなポーズ?

妊婦さんは、妊娠していない時と比べて普段悩まされることのなかった症状で悩んだり、また普段から悩まされている症状が悪化したりしがちです。
具体的に、妊婦さんにおすすめのヨガポーズにはどんなポーズがあるのでしょうか。

・バタフライのポーズ…開脚し、膝を内側に倒すポーズです。このポーズをすることで、股関節を柔らかくしてくれる効果があります。
・三日月のポーズ…慢性的な腰痛に効くポーズです。妊娠中期あたりから腰痛に悩まされる妊婦さんは多いので、おすすめのポーズといえます。
・ねじりポーズ…手を水平に開き、腰を左右にねじるポーズです。このポーズが腸に効き、便秘を解消してくれるといわれています。

以上がマタニティヨガのなかのおすすめのポーズです。これらのポーズ以外にもたくさんのおすすめポーズが存在します。
ご自身の症状に合ったヨガポーズを見つけ、安定期を迎えたらぜひ一度試してみてはどうでしょうか。