お腹のなかの赤ちゃんはできるだけ安産で生まれてくれたら、お母さんにとってそれはささやかな願いかもしれません。
実際に安産で生まれてくれるかどうかは、お産が始まってからしか分からないものです。
ですが、お産を少しでも軽くすることは、お母さんの少しの努力で可能かもしれません。

お母さんが安産でお産を迎えるためにできることのひとつに「安産体操」や「スクワット」というものがあります。
妊娠中に少しでも体を動かしているお母さんとそうでないお母さんとでは、分娩時間の差が出てくることもあるようです。

では、安産体操というのは具体的にどういった動きをすることを安産体操というのでしょうか?

安産体操ってどういった動きをするのが安産体操?また、そのコツとは?

まず、安産体操やスクワットをする時期としては、お母さんの体調が落ち着き始める5か月を過ぎたころから始めるようにしましょう。
また、お腹のはりを感じる時や食事の直後などは安産体操をするのはやめておきましょう。

・首を左右に倒したり、ゆっくりと一周回す…こうすることによって、血流が良くなります。
・あぐらをかいて座り、両足を手でゆっくりと押さえ、床に足をつける…股関節を刺激し、周りの筋肉をほぐしてくれます。
・仰向けになり、片足を床につけたまま上半身の方向へゆっくりと曲げます。終わったらもう片方の足を曲げます。

このような動きが、安産体操の代表的な動きです。確かに、お産の時に使う筋肉を刺激していて、いい運動になりそうですね。

安産体操と同じように、スクワットをすることも安産への近道になる?

安産体操と並んで、スクワットも注目されている動きですね。スクワットというと、普通のスポーツトレーニングでもよく採り入れられている動きですよね。
しかし、このスクワット、妊婦さんにとっては骨盤の開閉力をつけてくれるとして注目されている動きでもあるのです。

・足を肩幅程度開き、坐骨の動きを確かめながらゆっくりとしゃがんだら、数秒おいてゆっくりと立ち上がります…この動きは骨盤底筋を鍛えてくれる動きです。

これが基本的なスクワットの形です。しかし、お腹が大きいお腹でのスクワットは決して簡単なものではありません。
知らず知らずのうちに、身体の違う部分に力が入ってしまって不調を招くこともあり得ます。

できれば、スクワットをする時は誰かに支えてもらったり、支えになるものがあるところでやったほうが安心です。
また、お腹が大きくなってからの体操は始める前に主治医へ相談しておいた方が何かと安心です。
このように、安産体操とスクワットは分娩時に使う筋肉を刺激してくれる運動です。普段から無理のないよう、少しずつ採り入れてみるのもいいかもしれません。