妊娠30週に入ると、赤ちゃんの成長につれだんだんと大きくなっていたお母さんのお腹はさらに大きくなっていきます。
また、出産に向けて体が様々な準備をしはじめます。この時期に仮にお腹のなかの赤ちゃんが早く生まれたとしても、病院で適切な治療を行ってもらえれば、赤ちゃんは健康に育っていくことができます。

そうは言ってもまだまだ出産までの週数は数週間残っている妊娠30週。
だいぶ安定している時期ではありますが、依然として早産などのリスクは少なからずあるのがこの時期。どんなささいな症状も見逃さないようにしたいものです。

妊娠30週のお腹のなかの赤ちゃんの大きさはどのぐらいの大きさになっていて、お母さんの症状にはどんなものがあるのでしょうか。

妊娠30週のお腹のなかの赤ちゃんの大きさっていったいどのぐらいの大きさになっているの?

妊娠30週のお腹のなかの赤ちゃんの大きさは、約400mmぐらいで、重さは1300g〜1700gといった大きさになっています。
外の声や様子も感じ取ることができるようになっている赤ちゃん。色んな人が話しかけてあげるといいですね。
また、妊娠30週のお腹のなかの赤ちゃんは呼吸もできます。脳も著しい成長を遂げています。

このように、お腹のなかの赤ちゃんも、いよいよ外の世界に出ていくために目覚ましく成長を続けているようですね。

では、妊娠30週のお母さんにはどういった症状がでやすいのでしょうか?

妊娠30週のお母さんは気をつけたい、具体的にはどういった症状がでやすいの?

妊娠30週のお母さんは、お腹のなかの赤ちゃんが大きくなっていくと同時にますますお腹が大きくなっていきます。
それによって、妊娠30週あたりから妊娠線ができるお母さんが多くなってきます。
妊娠線に悩まされるお母さんはたくさんいるといいます。適切な方法で妊娠線を予防したいものですね。

また、妊娠30週あたりはお母さんの急激な体重増加にも引き続き注意が必要な時期です。
ついつい食べ過ぎて体重増加に悩まされるお母さんは、食後やちょっとした合間に適度な運動を心がけることで体重増加を少しでも少なくするように心がけましょう。

尿漏れに悩まされるお母さんもまた多いようです。その原因は大きくなった子宮とその子宮が膀胱を圧迫することにあります。
ある程度は仕方のないことなのですが、尿漏れパッドなどを常備しておけば慌てることなく対処できます。

妊娠30週は出産まであともう一息のところです。赤ちゃんに会えるまでお母さんも自分なりの方法で悩みを解決しながらその日を待ちましょう。