妊娠20週となると、いよいよ長い期間苦しんできたつわりがようやく落ち着きはじめ、食欲が増してくる時期ですね。
また、妊娠20週頃からお腹のなかの赤ちゃんの動きを感じることができるので、妊婦さんは「お母さんになること」を実感することができます。
お腹のなかの赤ちゃんの性別も分かる人が多くなってくるのではないでしょうか。

そんな妊娠20週の、お腹のなかの赤ちゃんの大きさやその様子とお母さんの症状にはどんなものがあるのか、見てみましょう。

妊娠20週のお腹のなかの赤ちゃんの大きさやその様子ってどんな感じなの?

妊娠20週のお腹のなかの赤ちゃんの大きさは160mmから230mmぐらいで、重さは300g前後の大きさと言われています。
妊娠20週ともなると、だいぶ赤ちゃんの大きさは大きくなってくるようですね。
この頃にはおおよその体のつくりは完成しており、あとは細部のつくりに時間をかけることになります。

では、妊娠20週ごろのお母さんの症状とはどういった症状があげられるのでしょうか?

妊娠20週頃のお母さんの代表的な症状ってどんな症状があるの?

妊娠20週頃のお母さんは、つわりから解放されて食欲が増すお母さんが大部分です。
そのため、いままで減り続けていた体重が急激に増える傾向にあります。ですが、急激な体重増加には注意が必要です。
食べたい気持ちは分かりますが、お腹の赤ちゃんの事を考えると甘いものや脂っこい食べ物は少し控えるように心がけたほうがよさそうです。

また、妊娠20週あたりから赤ちゃんの成長も日に日に大きくなっていくので、それにあわせてお母さんのお腹も大きくなってきます。
お腹のなかの赤ちゃんが大きくなるにつれて背中が痛んだり、足元の視界も以前に比べ悪くなっているので、歩くときには注意するようにしましょう。

これらの症状以外にも、腰痛や胃の圧迫感・胸の張りなどを感じるお母さんもいます。いずれの症状も、赤ちゃんが大きくなっている嬉しい症状ですね。
また、このころから胎動を感じるようになるお母さんが増えてくると思います。
今までは感じることのなかった胎動を感じることで、お母さんとしては赤ちゃんが大きくなってきているということをますます実感できます。

このように妊娠20週は、お母さんの見た目も全体的にふっくらした体つきになり、また胎動を感じ始める時期でもあります。
これから出産までまた経験したことのない症状が出てきますが、どれも赤ちゃんが大きくなっているという嬉しい症状です。
お腹のなかの赤ちゃんと一緒にお母さんになる準備もそろそろ始めてみてはどうでしょうか。