妊娠15週となると、つわりがひどかった時期と比べると随分とお母さんの体調も安定してきます。
また、妊娠15週あたりからお母さんのやりたかったことも徐々にできるようになるでしょう。
そんなお母さんの状態ですが、お腹の赤ちゃんの成長はどのようなものなのでしょう?また、赤ちゃんの大きさも気になるところですよね。

妊娠15週のお腹の赤ちゃんの大きさはどれぐらいの大きさなんだろう?

妊娠15週のお腹の赤ちゃんの大きさは100mmから130mmぐらいの大きさといわれています。また、赤ちゃんの重さは40gから100gぐらいでしょう。
前回の健診でのエコーと妊娠15週の赤ちゃんの様子を比べてみると、妊娠15週の赤ちゃんは筋肉や骨が成長している時期ですので、より人間らしく見えるでしょう。
さらに赤ちゃんの成長が見れて、お母さんも嬉しい気持ちになると思います。

このように、お腹のなかの赤ちゃんの基本的なところは出来上がる時期が妊娠15週目です。
また妊娠15週は胎盤もいよいよ完成の時期です。それに伴って羊水も増えていきます。生殖器の形も段々とはっきりしたものになってくるので性別が分かる時期でもあります。
それに、お母さんとお腹の中の赤ちゃんがへその緒で繋がるのもこの時期からです。

では、お腹の赤ちゃんの成長とともに妊娠15週目のお母さんの状態はどういった感じなのでしょうか?

妊娠15週目のお母さんの状態ってどういった感じなの?

妊娠15週のお母さんは、つわりからようやく解放される時期でもあります。また、胎動らしきものを感じたりと、お腹のなかの赤ちゃんの成長を実感でき、穏やかな気持ちになります。
つわりが治まって食欲が増しているお母さんは、体重が増えやすくなりますので注意が必要です。

妊娠15週目に入ったころからつわりが治まりはじめる時期ではありますが、安定期と呼ばれる時期まではもう少しです。
体調のいい日が日に日に増えていきますが、無理は決してしないようにしてください。
また、お母さんの子宮もだいぶ大きくなっています。その影響でむくみやお腹の張りなどの症状がでてくる場合があります。

そのような症状が出てきた場合は、お腹のなかの赤ちゃんのためにもゆったりとした服装を心がけたり、無理のない生活をするように心がけましょう。
妊娠週数を重ねるにつれて、お母さんの状態もだんだんと安定したり、お腹のなかの赤ちゃんの大きさなど、小さな成長が嬉しくなる時期になってきます。
お腹のなかの赤ちゃんとともに楽しいマタニティライフを過ごしましょう。