妊娠したら、積極的に鉄分をとらなければと考える妊婦さんは多いと思います。
そして、鉄分と言えばレバーが頭に浮かびますよね。
ですが、妊娠してレバーを食べすぎると良くないという話も良く耳にします。
実際のところ、その話は本当なのでしょうか?

レチノールの過剰摂取

レチノールとは、動物由来の食品に含まれるビタミンAの仲間であり、果物や野菜に含まれるビタミンAと比べると対外に排出されにくいのです。
レバーには、このレチノールが大量に含まれており、少量でも一日の摂取量を超えてしまいます。
妊娠した状態でレチノールを過剰摂取すれば、胎児に先天性異常などの障害が出てしまう可能性が高いため、要注意なのです。
特に、妊娠の初期から中期にかけては胎児に及ぼす影響が強いため避けましょう。
レバーと並んでうなぎもレチノールを多く含むため気をつけてください。

とはいえ、悪影響とは知らずに食べてしまう事もあるでしょう。
レバーを1回食べたくらいでは大丈夫だそうです。
妊娠したら、果物や野菜からビタミンAをとるように心がけると良いですね。
妊娠した際の一日に必要な摂取量は、普段のバランスのとれた食事で十分です。

授乳中は食べてよい?

妊娠している時にレバーを食べるのは駄目でも、授乳中はどうなのでしょうか。
産後は、鉄分•たんぱく質を多く含む栄養価の高いレバーやうなぎを食べる事は、むしろ良いとされています。
母乳を通して、レチノールが赤ちゃんに悪影響を及ぼす事はないそうです。
産後の女性は鉄分が不足しがちですので、レバーで定期的に補うと良いでしょう。

やはり、妊娠したらレバーの過剰摂取は良くない、という事が良くわかりました。
レバーはやうなぎは産後まで我慢しましょう。
出産が終わったら、必要な時に上手に取り入れて、鉄分不足を補うのが良さそうですね。