妊娠したら、お母さんは今まで経験したことのないような様々な症状に時には悩まされ、時には大きな喜びを感じるようになります。
妊娠週数を重ねるにつれて、赤ちゃんの大きさも大きくなってきます。
ここでは、妊娠12週の赤ちゃんの大きさとその時のお母さんの症状にはどんなものがあるのか、見ていきたいと思います。

妊娠12週の赤ちゃんの大きさってどれぐらいなの?

妊娠12週での赤ちゃんの大きさは、おおよそ60mmから70mmまで成長します。体重はおおよそ15gから20gだと言われています。
この頃病院で赤ちゃんの大きさを見てもらうと、エコーでは元気に動いている赤ちゃんの様子が見れることが多いようです。
この頃の赤ちゃんのすがたは丸っこい形からすでに人間のような形になっており、手足をばたばたと動かしている赤ちゃんの様子を見れる場合もあります。。

このような赤ちゃんの大きさなど様々な様子を見ると、感動的で、つわりで苦しめられている毎日も、すこしだけ我慢できそうな気がしますね。

また、お母さんのお腹のなかの羊水の量もだんだんと増えていく時期です。
妊娠12週あたりから、赤ちゃんの膀胱などほとんどの臓器も徐々につくられていきます。それに伴い生殖器もつくられていくので、早い人では赤ちゃんの性別が分かる週数でもあります。
妊娠12週というと、お母さんの胎盤も完成に近づいていく頃です。ですので、今まで苦しめられてきたつわりから解放されるお母さんもでてくる頃です。

妊娠12週のお母さんの症状ってどんな症状があるの?

妊娠12週のお母さんの状態は今まで苦しめられてきたつわりや、眠気が徐々に落ち着いてくる頃だと言われています。
それに伴って、今までなかなか湧いてこなかった食欲がでてくるお母さんもいます。今まで食べたいものも食べれなかった反動でついつい食べ過ぎてしまう人もいるぐらいです。
しかし、妊娠12週あたりでの食べ過ぎはやはり注意が必要です。

また、妊娠12週頃から高温期が続いていたのが、徐々に平熱にまで戻ります。また、引き続き子宮が大きくなっていっているので頻尿や便秘には引き続き悩まされる頃だといえるでしょう。
なかには妊婦特有の憂鬱な気持ちが出てきますが、そんな時はうまくストレス発散をすることを心がけましょう。

このように、妊娠12週のお腹の中の赤ちゃんの成長はめまぐるしいものです。日に日に成長していくその赤ちゃんの姿を見るとなんだか元気をもらえます。
また、お母さんも体調の変化が出てくる時期でもあります。つわりが落ち着くお母さんもいれば、引き続きひどいつわりに悩まされるお母さんもいます。
そんな時は、赤ちゃんが順調に成長してくれている証拠だと思ってお母さんもお腹の中の赤ちゃんと一緒に乗り越えましょう。