妊娠を希望する女性や妊娠中の女性がぜひ摂りたい栄養素、「葉酸」。
葉酸は、妊娠中の女性のからだに必要な栄養素の一つであり、妊娠を希望している女性は、妊娠前から摂ると良いとされています。
葉酸を摂取できる食べ物は?どのように摂ればいいの?と思う人も多いと思います。
葉酸が多い食べ物とおすすめレシピをいくつかご紹介したいと思います。

葉酸はなぜ必要?

葉酸はビタミンB群の一つで、妊娠前から妊娠中に必要量を摂取することで、胎児の先天的異常(神経管閉鎖障害)を発症させるリスクを低減することができるといわれています。
神経管閉鎖障害は、赤ちゃんの体が作られる妊娠の前期に発症する可能性が高いため、できれば妊娠が分かってからでなく、妊娠前からの摂取をすすめられています。

葉酸を多く含む食べ物は?

葉酸は身近な食べ物から摂ることができます。
代表的なものは、ほうれん草、小松菜といった緑の葉物野菜や、ブロッコリー、アスパラガス、納豆やキウイ、オレンジなどの果物にも多く含まれています。

葉酸は水溶性で熱に弱いため、できれば加熱を控えたものや、加熱するときは汁ものであれば効率よく葉酸を摂ることができます。

葉酸を摂ろう!おすすめレシピ

葉酸を多く含む食べ物を使ったおすすめレシピをご紹介します。

●果物で手軽に葉酸を摂ろう!

<キウイの輪切り>
http://mama.shufunotomo.co.jp/shiritai/?p=4

●栄養たっぷり!スープで葉酸を摂ろう

<モロヘイヤとコーンの中華スープ>
http://mama.shufunotomo.co.jp/shiritai/?p=4

●サラダで葉酸を摂取!

<春菊とミニトマトのサラダ>
http://mama.shufunotomo.co.jp/shiritai/?p=4

●手軽な一品で葉酸を摂ろう!

<ほうれん草とベーコンのソテー>
http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1550009657/

●葉酸の吸収率◎!

<ブロッコリーとアサリの炒め物>
http://www.funfun-club.net/toku/yousantetsu_06.html

まとめ

葉酸を多く含む食べ物についてよく知らなかった人も、意外と身近な食べ物のなかに含まれていることに気づいたという人も多いのではないでしょうか。
お腹の赤ちゃんのためにも、ぜひ葉酸を摂りたいですね。できれば、妊娠前から摂取することで、妊娠が分かったときから神経管閉鎖障害のリスクに備えることができます。
妊娠中は葉酸を多く含む食べ物を積極的に取り入れるようにしましょう。

また、食べ物からの摂取だけでは必要量に満たないこともあるので、サプリメントも併せて摂取すると良いとされています。
葉酸を多く含む食べ物には栄養もたっぷり含まれているので、食生活を見直す良いきっかけにもなるといいですね。