妊娠中でも、夫婦のスキンシップの一つとしてセックスをしているという人もいると思います。
また、妊娠中でもしても良いのか、赤ちゃんに影響はないか不安、という人も多いのではないでしょうか。
妊娠中のセックスについて考えるとき、誰もが考える悩みですよね。
なかなか人に聞けない悩みでもありますが、ここで妊娠中のセックスについていくつかの注意点をみていきましょう。

そもそも妊娠中はセックスしても大丈夫?

妊娠中でも、妊娠経過が順調で医師から控えるよう指示されていない場合は、大丈夫とされています。
ですが、医師からの指示がない場合でも、出血があったり、お腹の痛みがある場合などは赤ちゃんに影響を与えることもあるので、控えるようにしましょう。

妊娠中のセックスは清潔にして

これは基本的なこととも言えますが、妊娠中にセックスするときは手指を清潔にして、雑菌や細菌感染に気をつけましょう。
また、セックスの前と後には体を清潔にして、体の中に雑菌が入ることがないように気をつけることが大切です。

感染症防止のため、コンドームを装着する

妊娠中のセックスでは、感染症に注意が必要です。

万が一、感染症にかかってしまった場合、赤ちゃんに影響を及ぼす可能性もあります。
妊娠中にセックスをするときは、感染症予防の面でもコンドームをきちんと装着するようにしましょう。

妊娠中はお腹に負担のない体勢で

お腹が大きくなってくると、セックスの体勢によってはお腹を圧迫することがあります。
妊娠中は経過が順調でも油断は禁物です。大きくなってきたお腹を圧迫したり、負担をかけたりしない体勢を心掛けましょう。

お腹が張ってきたら中断する

妊娠中のお腹の張りは切迫早産の兆候も考えられるため、もし途中でお腹の張りを感じた場合は、すぐに中断しましょう。
また、体の冷えがお腹の張りを引き起こす場合もあります。あまり長い時間体が冷えるような状況は避けたいですね。

乳首への刺激は控える

乳首の刺激は早産の要因となる可能性があるので、控えるようにしましょう。
とくに、妊娠後期には注意が必要です。早産のリスクを考慮して乳首への刺激をしないよう気をつけましょう。

挿入は浅く、はげしくしないこと

妊娠中のセックスでは、子宮口の刺激を抑えるため深く挿入することは控えましょう。
とくに、妊娠後期は子宮口がやわらかくなってくることで、傷つきやすくなるため気をつけたいですね。
妊娠中のセックスには無理は禁物です。はげしいセックスは控え、挿入は浅く、やさしくするように心掛けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
妊娠中のセックスについては、どこまでしても大丈夫なのか?赤ちゃんに影響がないか?
旦那さんとのスキンシップも大事にしたいけど、いろんなことが気になるという人も多いと思います。

妊娠中のセックスではまず、清潔にすることが大切です。
そして、お母さんと赤ちゃんを守るためにも、コンドームを装着して感染症を防止しましょう。

妊娠中のセックスは、お母さんと赤ちゃんをいたわり、やさしくするよう心掛けたいですね。
妊娠期間は限られた貴重な期間です。無理をせず、注意点を守って妊娠中のセックスを心掛け、旦那さんとの愛情を深めていけるといいですね。