妊娠中に虫歯治療はしない方が良い、と思っている妊婦さんは多いのではないでしょうか。
ですが、虫歯とは急に痛みだしたりするもので、10ヶ月間もの長い妊娠中に虫歯にならない保証など有りません。
実際のところ、妊娠中の虫歯治療は駄目なのかとても気になるところですよね。

虫歯治療はしても大丈夫

基本的に、妊娠中に虫歯治療するのはOKだそうです。
ですが、出来れば安定期に入ってからの方が良いとの事です。
虫歯治療で使う麻酔やレントゲンの胎児への影響は、殆ど無いとされています。
ただし、痛み止めなどの薬に関しては、医師と良く相談の上、赤ちゃんに胎児への影響が無いものを処方してもらいましょう。

しない方が良い治療

妊娠中の虫歯治療は大丈夫なのですが、中にはしない方が良い治療もあるようです。
親知らずの抜歯やインプラントなどの外科的処置です。

この種の処置をすると、やはり痛みが強かったり、炎症が起きないように長期間抗生物質を飲まなければならなかったりします。
これは胎児への影響が懸念されるので、親知らずなどは早めに抜歯しておく事をお勧めします。
私も、計画的に二回目の妊娠をする前に、残っていた3本の親知らずを順番に抜きました。
産後ももちろん授乳が有りますし、しんどくて歯医者に通う事もままならない為、抜歯しておいて良かったと思います。

予防処置

妊娠中は歯石が多くつきやすくなります。
そうすると、歯周病が進行してしまうため、妊娠中はきちんと歯石を奇麗に除去してもらう方が良いです。
実際に、重症化する妊婦さんは多いそうで、重度の歯周病は早産の原因にもなるので要注意なのです。
昨今の虫歯治療とは、なってからではなく予防していくという時代だそうで、特に妊娠中は定期的にクリーニングしておきたいですね。

妊娠前から定期的な虫歯チェックとクリーニングを心がけていれば、妊娠中に虫歯治療をする事も少ないのではないでしょうか。
むしろ虫歯治療よりも、親知らずと歯周病を気にしなければなりません。
大切な歯ですから、妊娠中に限らずきちんとケアしておきましょう。