妊娠中は、これから生まれてくる赤ちゃんのことを考えて、楽しみな気持ちになったり、喜びを感じる期間ですよね。
ですが、妊娠中はいずれ迎える出産や育児へ不安を感じやすい時期でもあります。特に初めての出産ではなおさらですよね。
そういった不安から、なかなか寝付けなくなり不眠症になってしまうこともあります。
そんなときはどうしたら良いでしょうか。対策についてみてみましょう。

妊娠中の不眠症とは?

妊娠中は出産や育児への不安から、なかなか寝付けなかったり、寝ていても途中で目が覚めてしまうこともあります。
また、つわりの影響でまとまった睡眠をとることができず、眠りが浅くなってしまうこともあります。

こういったことから、眠りが浅い状態が長く続くと不眠症になってしまうことがあります。

特に、初めての妊娠の場合は、経験したことのない出産に向けてさまざまな不安や些細なことが気になってしまい、なかなか寝付けなかったり、途中で目が覚めてしまい、その状態が続くことで不眠症になってしまうことが多いようです。

妊娠中の不眠症、影響は?

妊娠中に不眠症の症状が出てくると、心配なのは、慢性化して産後も不眠に悩まされてしまうことです。

なかなか眠れない、すぐに目が覚めてしまう、ということは妊娠中でなくてもよくあることですが、一時的なものだと思ってそのまま進んでいくと、慢性化してしまうこともあります。

また、妊娠中は不眠だと思っても、どのお薬を服用できるわけでもないので、そのままにしてしまったり、赤ちゃんのことを優先して考えるあまり自分のことに意識が向かなかったりします。

こういったことから、妊娠中で睡眠に悩んでいてもそのままにしてしまったり、気付かないことで不眠症へと進んでしまう場合があるのですね。

産後も不眠の症状が続くと、なかなか眠れなかったり、寝る時間が定まらなかったりするなど、不眠症の症状が進んでしまうこともあるので、「よく眠れない日が長く続いている」「寝付けなくてどうしたらいいか分からない」という人は、一度医師に相談してみると良いかもしれませんね。

妊娠中の不眠症、対策は?

妊娠中の不眠症や、影響についてみてきましたが、「眠らなくちゃ」と焦るのもよくありません。

焦ることで余計に緊張してしまうこともあるので、まずはリラックスできるように、眠る環境を整えてみましょう。
また、不安や緊張で気持ちが落ち着かなかったり、寝付きが良くないときは、好きなことをしたり、気持ちが落ち着くまで少し時間を置いてから眠るのも良いかもしれませんね。

不安や緊張を和らげ、スムーズに眠れるように睡眠の環境を見直してみるのも良いでしょう。

まとめ

妊娠中の不眠症と聞くと、少し眠れないだけで気になったりしてしまいますが、一時的なものであれば深く気にする必要はないとされています。
不眠の症状が長く続いたり、自分ではどうしたら良いか分からないといった場合は、医師に相談してみると解決策が見つかるかもしれません。

また、妊娠中は服薬も限られるため、できるだけリラックスして、スムーズに睡眠をとれるようにしていけるといいですね。
しっかりと眠り、質の良い睡眠を取ることで疲れを癒すこともできるので、気になる人はぜひ一度、睡眠に目を向けてみると良いかもしれません。