妊娠初期は、妊娠が分かってから間もなく、体重管理についてもまだよく分からないという人も多いのではないでしょうか。
妊娠したからといって、二人分食べても大丈夫、というのはもう昔の話といいますね。
今は栄養価の高い食品が多いため、逆に食べすぎて太ってしまい体重管理に苦労する妊婦さんも少なくありません。
妊娠初期の体重管理はどうしたら良いかみてみましょう。

妊娠中の体重はどのくらい増えるの?

胎児の体重を考えると、単純にプラス3キロくらいが理想?と思う人もいるかもしれません。
ですが、妊娠中は羊水や胎盤、妊娠によって蓄えられる脂肪も含めて合わせて8キロ前後増加するといわれています。

こんなに増えるの?とビックリする人もいるかもしれません。
でも、これは赤ちゃんの成長に必要な体重の増加なので、無理なダイエットは禁物です。

また、逆に増えすぎもよくありません。
体重の増えすぎは、お産が長引いたり、お母さんや赤ちゃんに影響を与える場合もあるので、体重管理に気をつけて過ごすようにしましょう。

妊娠初期の体重増加ペースについて

妊娠初期は、つわりの影響もありなかなか食べられないという妊婦さんも多いため、元の体重とあまり変わらない人が多いと思います。
また、赤ちゃんもまだ小さいため、体重が変化することはほぼないと考えられます。
このことから、妊娠初期の体重増加ペースは、妊娠中期以降の増加分を踏まえて2キロ程度に抑えるようにしましょう。

また、逆に体重が減ってしまう場合は、注意が必要です。
食事や水分をうまく摂れず、体重が減ってしまう場合は医師に相談しましょう。だいたい目安として体重の減りが3キロ程度になると、脱水症状が出ることがあるとされています。

このように、体重が増えすぎても減りすぎても妊娠には良くないのですね。
妊娠初期から体重管理に気をつけるようにしましょう。

妊娠初期の体重管理方法とは?

妊娠初期は、つわりで全く食べられないというお母さんや、逆に食欲が増して食べる量が増えたというお母さんもいて、体調にも個人差があります。
そのため、妊娠初期の体重管理は人それぞれですが、増えすぎても減りすぎても良くないので、どちらも気をつけないといけません。

妊娠初期では、まず体重の増えすぎに注意したいところですね。妊娠初期での体重管理としては、以下のような点が挙げられます。

・こまめに体重をチェックしする。

・バランスのとれた食事を摂る。

・お菓子や間食の食べすぎに注意する。

・食事を摂る時間にも気をつけ、夜遅い時間の食事は控える。

また、食べられない人は、無理に食べる必要はないとされていますが、脱水症状を起こすこともあるため、医師に相談するようにしましょう。

まとめ

妊娠中の体重管理は、今多くの産院で気をつけるように指導されていることもあり、悩んだり苦労している人も多いのではないでしょうか。
ですが、体重管理は太りすぎによるお母さんや赤ちゃんへの影響を予防するためにも大切なことなんですね。

妊娠初期は初めての妊娠だと、体重管理についてはなおさら不安だと思います。
妊娠初期の体重管理は、食べられる場合は食べ過ぎに注意し、体重をこまめに計り、バランスの良い食事を摂るようにすることが大切ですね。