妊娠中のつわりがつらい人は多いと思いますが、二人目つわりの場合は上の子の身の回りのことをしながら乗り切らなければならないのでよりつらく感じる人も多いようです。
二人目つわり中に上の子との生活を乗り切るにはどのようにすればいいのでしょうか。

二人目つわりは上の子のつわりよりも軽い?

二人目つわりの方が上の子の時より軽かったり、上の子の時はつわりがあったのに二人目つわりがないという声をよく聞きます。
二人目つわりが軽くなったりなくなるというのは本当なのでしょうか?

この話には医学的な根拠は全くなく、二人目つわりだからと言って軽くなるということはありません。
つわり症状は人それぞれですので軽くなることもあるかもしれませんが、一般的とは言えないようです。
ですが、一度経験しているからこそ二人目つわりの方が割り切れてストレスも少ないため症状が軽くなるということはあるようです。

むしろ二人目つわりの方が、上の子のことを気にかけながら乗り切らなければいけないというストレスからひどくなるという人も多いようです。

二人目つわりを乗り切るコツは?上の子を優先に!

二人目つわり中には、体が思うようにいかず自分のことはある程度できる年齢になっている場合は上の子のことを後回しにしがちです。
ですが、二人目つわり中だけでなく出産後にはますます上の子に目をかけることが少なくなってしまい、上の子にも寂しい思いをさせてしまいます。
精神的に不安定になったり、赤ちゃん返りをすることもあります。

家事などは代行や外食で済ませることはできても、上の子にとってママはたった一人です。
代わりがいないからこそ、上の子のことを優先してあげるようにしましょう。
二人目つわりでつらいかもしれませんが、体調のいい時には上の子との時間を作るようにしましょう。

もしなかなか時間を取ることができない場合には、家族にも協力してもらって上の子のストレスや気持ちを汲み取ってあげましょう。

二人目つわりは一時的なものと考え、様々なサービスの利用を!

二人目つわりの症状が辛い時や、仕事をしているママにとっては自分が休む時間もゆっくりとれず仕事に家事にと大きな負担になってしまいます。
家事は適当に、とは言ってもつわりが終わるまで毎日外食したり家事をしないというわけにもいかないでしょう。
そういったときには、家事代行サービスや一時保育などのサービスを利用してママの体もゆっくり休めるようにしましょう。

家事代行サービスの中には、1時間で利用できるものや登録料や年会費のような初期費用があまりかからないものもあります。
つわりは一時的なことだから今だけ、と割り切って利用するにはとても便利でしょう。
食材購入から夕食作りを行ってくれるサービスもありますので、食べ物のにおいも嫌だというつわりの人には便利なサービスでしょう。

二人目つわり中は、完璧を求めないことが大切!

二人目つわり中は、家事に上の子のお世話にお仕事にとママもゆっくり休んで入られません。
ですが、一時的なことと割り切ってママの体を休めながら上の子との生活を楽しめるように考えてみてもいいかもしれませんね。
いつも通りできなくて当たり前なのですから、家族を頼って協力してもらいましょう。

上の子が「お兄ちゃんお姉ちゃんになる自覚」を持ち始めるためにも、二人目つわり中からお腹の赤ちゃんについてたくさん話してあげることもいいでしょう。
一緒に健診に行ったり、エコーの写真を見せたりして赤ちゃんの成長を話してあげると、赤ちゃんを楽しみにしてくれるようになるでしょう。
逆に「もうお兄ちゃんお姉ちゃんになるんだから、〇〇しなさい!」という言葉は上の子にとってストレスになってしまいますので、避けましょう。