マタニティ用の衣類はたくさん販売されていますが、その中でも様々なタイプのものがあるマタニティパジャマ。
普通のパジャマや授乳服などで代用する人も多いと思いますが、マタニティパジャマは必要なのでしょうか?

マタニティパジャマの特徴は?

マタニティパジャマと通常のパジャマはどう違うのか、主な特徴について紹介します。
マタニティパジャマの多くは、前開きタイプで上着が長めのものが多いですね。
これは出産時の入院の時に診察が行いやすいためです。
入院時は内診もありますし、分娩用の衣類がない産院ではマタニティパジャマの方が無駄に肌を露出することなく安心です。

特徴としては、授乳口が付いているものも多いです。
入院中の授乳だけでなく、退院後も使用できます。

他にも、お腹の大きさに合わせてサイズ調整が可能です。
長さ調節が可能なゴムや、紐で調整できるようになっていますのでお腹を締め付けないという点もマタニティパジャマの大きな特徴です。

マタニティパジャマはいつ必要?

先ほど、入院中に使用できることをお話ししましたが、分娩の際の入院準備にマタニティパジャマが必要となる場合があります。
必要な場合には、産院からの入院準備リストにも書いてあることが多いです。
入院中は内診や悪露で汚れる可能性があるため2~3枚ほど必要となるでしょう。

ですが入院前から産後まで使用できるタイプのものを購入すると長く使えます。
最近はマタニティパジャマのデザインも豊富で、可愛いものもたくさんありますのでお腹が大きくないときでも普通のパジャマと同じように着られるものがたくさん販売されています。
また、産後1ヶ月は家の中にいることが多いので多く購入しても産後のルームウェアとして利用もできます。

必要な時期は明確には決まっていませんが、お腹が大きくなる頃には普通のパジャマでは寝苦しくなってくることもあります。
肌が弱い人は、ウエスト部分の締め付けにより痒くなってくることもあります。
お腹が大きくなってくる時期にはマタニティパジャマが便利になってくるでしょう。

マタニティパジャマを買う必要はある?代用は出来る?

マタニティパジャマは入院中しか着ないから必要ないと考える人もいるでしょう。
授乳服や大きめのスウェットで代用したり、授乳服で代用する人もいるようです。

ですがお腹が大きくなり寝返りも思うように打てず寝苦しくなってきます。
こういった時期にいかにリラックスできるか、ゆっくり眠れるかを考えるとマタニティパジャマが必要となるのではないでしょうか。
マタニティパジャマは、妊婦さんの体に負担の少ないように作られていますので寝苦しい時期にも役立ってくれるはずです。

それでもマタニティパジャマは必要ないという考えの人も多いです。
そういった場合には、前開きの少しサイズが大きめの授乳服を購入しておくとお腹を締め付けず睡眠の妨げにもなりにくいでしょう。

マタニティパジャマは必要か?

マタニティパジャマは絶対に必要なものではないかもしれません。
ですが購入すると産前から産後の授乳期間にと長く使用できて便利だったという声も多くあります。
デザインを選べば、授乳口が見えにくいため普通のパジャマと同じように使用もできます。

必要かどうか、購入するかどうかはそれぞれの判断です。
ですが気に入ったマタニティパジャマを着るだけで、妊娠生活も少し特別な気分で過ごせるかもしれません。
入院準備にも必要となる場合もありますので、迷っている場合には1枚購入してみてもいいかもしれませんよ。