妊娠中のダイエットは赤ちゃんの命にとって危険ですが、つわりで思うように食べられないでいると体重が激減!なんて経験をする妊婦さんも多いでしょう。
こんなつわりダイエット状態に陥った後にリバウンドしてしまっては、体重増加で医師から指導されてしまうハメになってしまいますね。
今回はつわりダイエット状態になった後のリバウンドを防ぐ方法について紹介します。

つわりダイエットがひどければ入院となることも!?

つわりダイエットとは言っても、妊娠中に過剰な食事制限をすることは赤ちゃんにとって危険な状態になるのでお勧めはできません。
ですが、つわり中の吐き気や嘔吐により何も食べられず水も受け付けない状態になる人も少なくありません。
つわり中に体重が3kg程度落ちることも、珍しいことではないのです。

このようなつわりダイエット状態が続くと、ママの体調にも赤ちゃんの成長にも危険な状態となるため入院治療となる場合があります。
どの程度体重が減ったら入院か、という基準は病院によっても異なりますが急激な体重減少や脱水状態である場合には通院での点滴治療や入院治療となる場合もあります。

つわりダイエットは意図的に体重減少するものではなく、またひどい場合には医療的な処置が必要となることをしっかり覚えておきましょう。

つわりダイエット後のリバウンドが怖い!

つわりの症状が軽くなってくると、心配になるのがつわりダイエット後のリバウンドです。
一度出産を経験している人は、つわりには終わりがあり、そのあとは体重増加との戦いが始まることは想像がつくことでしょう。
だからこそ、リバウンドは心配になってしまいますね。

妊娠中の体重増加については、多くの情報では「妊娠前からおよそ◯kg」と書かれていることが多いですね。
しかし実際はもっと厳密で、妊娠経過によって異なりますが妊婦健診ごとに増えてもいい体重増加量が決まっています。
標準体型の人であれば、1週間で増えてもいい体重は約200~300g程度で1ヶ月でも1kg程度の増加
に抑えないといけないことになります。

1kgなんて、リバウンドしてしまうとあっという間に増加してしまいますよね。
つわりダイエットも辛い思いをしますが、その後のリバウンドや体重管理についてもかなり深刻な問題となるのです。

つわりダイエット後にリバウンドを防ぐ方法!

つわりダイエット後のリバウンドを防ぎ、体重管理していくコツを紹介しましょう。
基本的には妊娠中の体重管理は、体重を適正体重にすることが大切になります。

まず、栄養管理をしっかり行いましょう。
産院や母親学級、保健センターなどでも妊娠中の栄養指導が行われている場合があるのでぜひ参加してみましょう。
料理が苦手で栄養管理が難しいと思う人は、食べる順番に工夫し汁物、サラダ(野菜)を先に食べるようにして肉類や油物、主食の摂取割合が高くならないよう気を付けるだけでもリバウンド防止につながりますよ。

間食についても、甘いものやジュースは控え、ナッツ類や果物に変え飲み物はハーブティーや飲むヨーグルトなどに変えるとリバウンドを防止できるでしょう。
もし外食やドカ食いをして急激に体重が増えてしまった場合には、翌日の食事量を減らして体重調整をしましょう。

また、適度な運動も大切です。
つわりダイエット後は、体力が落ちてしまっている場合もあります。
無理のない範囲で運動することでストレス解消にもなり、リバウンド防止にもつながります。

つわりダイエット後の体重管理しだいで、妊娠中の体重や産後の体型に大きくひびいてしまうことがあります。
リバウンドして体重がどんどん増加して赤ちゃん共々危険な状態にならないよう、つわりダイエット後には体重管理をしっかりしましょう。